スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2021の投稿を表示しています

Switch Onlineにメガドラ

 これで、テトリス来たらメガドラミニの立場は(^_^;) engadget 日本版に Switch Onlineにメガドラ追加。ぷよぷよ、ソニック2やリスターなど14本から という記事が。 セガがハード製造から撤退して、 任天堂向けのソフトを製造するようになって結構経ちますが、 以前に SNES と覇権を争ったハードのソフトが Switch Online で提供されるなんて、 時代の流れですかねぇ。 セガのソニック2やぷよぷよ、ゴールデンアックス、ベア・ナックルII、ガンスターヒーローズ等に加えて、コナミの魂斗羅にヴァンパイアキラー、カプコンのストライダー飛竜、東亜プランの武者アレスタなど14本が初日からプレイ可能。メガドライブを代表するタイトルや、評価の高いタイトルが並んでいます。 記事に一覧で載っていますが、国内版/海外版メガドラミニに収録された作品が殆ど。 「リスター・ザ・シューティングスター」だけが、メガドラミニに未収録ですかね。 Nintendo Switch Online + 追加パックで遊べるメガドライブのタイトルは、サービス開始後も順次拡充する予定。 これだけで終わらないって事は、メガドラミニに載ったダライアスやテトリスとかも来るのか?と思ってしまいますねぇ。 そうなると、メガドラミニの立場は?って思ってしまうのですが、 Switch のユーザー数はメガドライブと比較しても、比較にならないくらい多いので、 沢山の人にそのソフトを遊んでもらえる事こそが本来かなぁって思ったりもしますねぇ。

M1 Mac対応

 まだ Tech Preview なので色々不具合出ますかね? マイナビニュースに M1 Mac対応VMware Fusion、テックプレビュー版登場 という記事が。 Mac が M1 チップへ移行して、仮想環境ソフトは苦戦してますよね。 対抗馬の Parallels でも M1 では Intel 版は動かないですからねぇ。 Intel MacにおいてWindowsやLinuxを実行するための人気の高いプロダクトだ。しかし、Appleが新しいプロセッサを採用したM1 Macには対応していなかった。 Parallels が Version 17 で M1 対応していたので、 VMWare がやっと M1 対応で Tech Preview を出して来たって事ですね。 VMware Fusion for Apple Silicon Public Tech Previewで動かすことができるオペレーティングシステムは、基本的にARMプロセッサ版のオペレーティングシステムだ。Intel版Windowsは実行することができない。Microsoftは仮想環境向けにARM版Windowsを出荷する姿勢を見せておらず、現状ではM1 Macの仮想環境においてWindowsを実行するのは難しい状況が続いている。 Windows 10 は ARM 版を一般販売しなかったので、 戦略を変えて、Windows 11 は ARM 版を一般販売するために名前を変えた?って思ったのですが、 ARM 版は Surface 向けのみみたいな感じですねぇ。 Intel Mac の時にはアーキテクチャが同じ Intel でしたが、 M1 で ARM 系になったので、Intel 版は動作させるのは期待薄ですねぇ。 Apple が Rosetta 2 通しで仮想化ソフトはサポートしないと明言しているので、 こちらの道も閉ざされているので、M1 Mac での仮想化は Linux 系のみって事になるのかもですねぇ。

「iPhone 13」シリーズ

 12 の時にはまだかな?って思いましたから早いですね。 いつものインプレスに 「iPhone 13」シリーズ、UQ mobileとpovoで動作確認 という記事が。 iPhone 12 の時って、UQ mobile での動作確認が少し遅れて発表されて、 MNP を考えていた私は、どうなんだろう? 今までの機種で大丈夫だったから大丈夫じゃないのかな?って思ってました。 UQ mobileとpovo(1.0、2.0)のWebサイトによると、iPhone 13 Pro Max/13 Pro/13/13 miniのいずれの機種も物理SIMおよびeSIMでの動作が確認されたとしている。 UQ が au のサブブランドになってから、au 側からの情報が入りやすくなったのか、 実機はまだ発売前なのに動作確認が取れた。と発表。 この辺り、MNO オペレーターは強いですねぇ。 多分サブブランドでの動作確認は au が一番乗りのような気が? amaho / LINEMO 両陣営も確認出来次第発表って感じですかね。 13 も人気爆発のようで、予約ダッシュが出来なかった人はしばらく待たなくては。 って事になるみたいなのは辛いですねぇ。 私は実機発売になってから、レビューを見比べて 12 mini とどこがどの程度変わったっていうのを確認してみたいと思います。

塗るだけで表面が冷える?

 成り立つかどうかわかりませんが、温度が上がりにくいというのは応用範囲が広そうですね。 ITMedia に 塗るだけで表面が冷える? 世界一白い塗料がギネス記録に 太陽光の98.1%を反射 という記事が。 黒色は、ベンタブラックがほぼ究極で反射しない真っ黒、続いて黒色無双が黒色って感じですが、 白色も研究が進んでいるみたいですね。 太陽光の98.1%を反射し、赤外線も放出する。太陽の熱を吸収する量が放出する量よりも少ないため、この塗料を塗った部分は、周囲より冷えるという。 言葉としての説明読むと、吸収量<放出量だから冷える。という理論ですかね。 白色での反射効率を上げて、100% に近づけ赤外線も反射させてしまえば、 直射日光下でも、太陽光で温められる事が無いって事なんですねぇ。 確かに、白色の車と黒色の車を真夏の炎天下に駐車した後で乗り込むと、 黒色車体の方がハンパない感じで気温が上がっていますが、 今回の塗料が実用化されると、白色の車は真夏でも暑くない。って事になるんですかね。 (実際は外気温とかで熱せられて温度は上がると思いますが) 記事後半では、その道に精通している皆さんの反論とかが載っていますが、 その界隈の人達も思わず発言したくなる程の内容って事なんでしょうねぇ。 地球温暖化の切り札って、二酸化炭素排出量抑制じゃなくて別の所に有ったのかもですね。

壁掛けでテレビまわりスッキリ

 USB メモリで良さそうな気がしますが(^_^;) いつものインプレスに 壁掛けでテレビまわりスッキリ大作戦! バッファロー極小SSDを録画に使う という記事が。 といいつつ、これはタイアップ記事で、右上に「提供:バッファロー」と入ってますね。 となるとネガティブな記載は無いので、 使い方の提案が記事になっている。という気持ちで読む事が必要ですね。 バッファローの USB メモリ形状型の USB-SSD を TV の USB-HDD 代わりにして、 ラックを廃して行く。 という記事ですが、 「読めば読むほど USB 3.0 対応の USB メモリで良いような気がするのですが。」 となんだか本末転倒な感じに(^_^;) 記事では、ラックを減らし、アンプ、スピーカーを減らし、 TV 録画用の HDD をメーカー非推奨の方法で TV 背面に結束していたりと、 おいおい。ってツッコミの所が有りますが、 まぁ、そうですよね。って感じで。 そして、最終的な配置になった時に、何故か Switch が残ってる(^_^;) そこまでやったんなら、ワイヤレス HDMI で Switch の映像もワイヤレスで飛ばして、 壁には TV のみって最終形を見せて欲しかった。 ただ、それはバッファローの USB-SSD とは趣旨が離れるので別の話ですね。 とは言え、最近の壁寄せスタンドが電気店で多く展示されているのを見ると、 TV ラックはもう時代じゃないのかなぁって思ったりもしますね。 で、USB-SSD のスペックを確認したら、 USB 3.2 Gen-1 って書いてある。 あれ?やっぱり USB 3.0 の USB メモリと同じ転送レート。 ん?(^_^;)

お気楽写真館 別館

 お彼岸ですねぇ。 COOLPIX S9700 1/400 f4.8 12.6mm そもそも咲く気配全然無かったのですが、台風が通り過ぎたら一気に花が開きました。 赤い彼岸花は普通に見かけますが、 わたしの住んでいる所は白い彼岸花も咲いてるんですよね。 彼岸花って花びらを広げるのを見ると毎回思うのですが、 凄く独特な形状してますよねぇ。 そして咲くとあっというまにしおれてしまうので、 一瞬のみですね。 とは言え、半年先にはまた咲くので、 不思議な生態なんだなぁって思いますねぇ。

Visaタッチ決済対応の

 後発で割って入るにはそれなりに知名度上げないとですよね。 engadget 日本版に Visaタッチ決済対応の市営路線バスが横浜で10月から運行 という記事が。 VISA カードでのタッチ決済は、 日本の場合おサイフケータイに端を発する、携帯電話決済が主流だったりするので、 プラスチックカードをかざして決済っていうのはカードリーダーに差し込むの?って感じで思う人居るかもですね。 この実証実験は、Visaのタッチ決済を利用できる機器を車内に設置し、乗客ががタッチ決済に対応したカードによりバス運賃を支払う取り組みです。 タッチ決済対応クレジットカードは、 WiFi マークを横倒しにした感じのマーク付いているのでそれを確認してという事になりますが、 読取装置にかざすというのが理解してもらえるかが一つのカギですかね。 109系統特急便は、交通系ICカード(PASMO/Suica等)、市営バス定期券、1日乗車券等でのご利用に加え、Visaのタッチ決済での利用が可能となります。 首都圏だと既に Suica/PASMO がほぼ圧倒的なシェアを持っているので、 ここでわざわざ VISA タッチを使う人が多くいるのかな?って気もします。 それと、VISA タッチは三井住友系は対応していますが、三菱 UFJ 系は最近やっと対応が始まったばかり。 しかも三菱 UFJ 傘下の NICOS は VISA でもタッチは使えなかったりと、 まだカードを選ぶ状態なので、実証実験として情報がうまく取れるのかな?って気もしますね。 タッチ決済系は何か統一規格を作って、 クレジットカードのタッチ決済はこの方法。 コード決済はこの方法。 携帯電話(スマートフォン)の非接触決済はこの方法。 みたいに統合されたほうが利便性は上がるんじゃないかなぁって思うんですけどねぇ。

ロジテック、2.5型ドライブを

 これ良いな。 ascii.jp に ロジテック、2.5型ドライブを内蔵するドッキングステーションを発売 という記事が。 PC が USB Type-C 搭載するようになって、ドッキングステーションが身近になりました。 ただ、大体は USB-HUB の粋を越えてなかったですが、 ロジテックの製品は内部に 2.5" のドライブを搭載 ( もしくは別途搭載可能 ) という製品。 2.5型HDD/SSDを内蔵して、USB Type-C接続したパソコンなどから外付けドライブとして利用できるほか、HDMI 2.0ポートも用意されディスプレーへの4K映像を出力する機能も備える。USB Type-Aポート×1のほかUSB Power Deliveryポートも最大100WをPC本体などへ供給可能。 搭載出来るのは、HDD か SSD のどちらか。 外付け HDD/SSD を用意して USB で接続するって事を思ったら、 ドック自体にドライブが内蔵されるのは理にかなってますね。 HDD/SSD は手持ちのものを流用しても良いし、別途購入しても良いしって感じで、 本体内蔵の容量が厳しくなった時にデータを移すとか、バックアップとか用途は広がりますね。 PC 接続用の USB Type-C ケーブルが本体に巻き取られるのも良いですね。 持ち運び想定なら、PC 本体とドックを一緒に持ち、 拡張性を保持しつつ、外付け HDD/SSD も一緒に持ち運ぶ事が出来るのは良いぞ。って思いました。 HDD / SSD / ケースのみ(直販) / ケースのみ(量販)とそれぞれ品番が異なり、 HDD 内蔵:LHD-DHUPD オープンプライス SSD 内蔵:LMD-DHUPD オープンプライス ケースのみ(直販):LHR-LDHUWPDD オープンプライス ケースのみ(量販):LGB-DHUPD 7,128 円 とケースのみ(量販)だけ価格が決まっていますが、手持ちドライブが有る人はこれで十分ですもんね。 今までドッキングステーションは単なる USB-HUB って思っていたので、 こういった一捻りある製品は良いですねぇ。

森永製菓、太くて長い

 そうですね。小枝では無いですね。 ITMedia に 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは という記事が。 小枝は、紙パッケージの中のトレイに縦に並んでいるイメージがあります。 でも今は、個包装の製品になってるんですね。 文字通り小枝を50倍にしたチョコ菓子。重量は約72グラムと一般的なチョコバーより重く、食べごたえがありそうです。 記事に写真が載っていますが、ハンパない大きさなんですが(^_^;) サイズが 50 倍って事ですが、それ以上にも感じますねぇ。 50 周年記念で 50 倍サイズって事でのし袋のようなパッケージに入っていますが、 このサイズ感は何かが間違っているような(^_^;) 公式ページ 見たら、全国一斉発売で 9/21 で決定。 コンビニ、駅売店を「除く」と記載が有るので、 スーパーとかに並ぶんだと思いますが、 見つけたらインパクト大きすぎますねぇ。 しかも価格が 540 円って、見つけた時に、デカ!でも 540 円なの?それなら買っちゃう? って感じになりそうな絶妙な価格設定にも思いますねぇ。 在庫払底(ふってい)で、販売終了になるそうで。 見つけたらラッキーって感じですかね。

アップルのWebサイトで

 次モデル出ればそうですよねぇ。 いつものインプレスに アップルのWebサイトで「iPhone 12 Pro」シリーズや「iPhone XR」などが販売終了 という記事が。 12 mini 利用者としては、13 mini はどうだろう?って感じがしました。 アップル公式サイトで販売している製品群がそのまま販売終了ですね。 同サイトでは、「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」「iPhone XR」の販売が終了した。また、「iPhone SE」「iPhone 11」の256GBモデルの販売も終了した。 この中だと XR 一番過去モデルですかね? なので、終売というのは分かりますが、 12 Pro/Pro Max の昨年モデルが早々と終売というのは、13 Pro/Pro Max へ入れ換えって事なんですかね? SE(Gen2) / 11 の 256GB モデルは、まぁ今までの動向だとそんな感じですよね。 廉価グレードとして SE(Gen 2) 、大スクリーンの 11 は継続って流れだけど大容量は無しね。って感じ。 ただ不思議なのが、 12/12 mini の 2 機種は継続で、 13/13 mini 、12/12mini と併売になっているのは、なんでだろう?って気も。 単純に在庫がダブついてるから併売にしようとしたのか、 13 は最低ストレージ容量が 128GB からなので、その価格差を埋めるのが 12/12 mini なのかな?と 謎が残るラインナップだなぁと思ってしまいました。 朝 13 mini を見て、12 mini を下取りに出したら?って感じで調べたら、 差額で 5 万ほど必要という表示が。 12 mini → 13 mini はまぁ変わらないかな?って気もするのですが、 mini は 13 までって言われているので、気になります。 あぁ、今回の 12/12 mini 併売の方式が取られるのなら、 14 の時に 13 mini で終わりなら、そこで乗り換えるって方法も有りかと思ってしまいました。

左ききの道具店から

 ここまで徹底しているのは凄い。 マイナビニュースに 左ききの道具店から「左ききの手帳 2022」が発売! という記事が。 私は左利きですが、お箸と筆記は右に矯正されているのですが、 それでも、筆記中の消しゴムは左手で使うので、左利きの片鱗は残ってます。 記事に沢山写真が載っていますが、 間違いなく左利きで筆記する人が企画したものだなぁって分かりますね。 書く手に隠れないよう、日付をすべて右上に配置。 右利き筆記なら、カレンダー表示なら左上に日付が来ますが、 左利き筆記なので、手で隠れないように右上に日付が印刷。 ほんの少しの気遣いですが、凄く使いやすそうですねぇ。 綴じも通常とは左右が逆になっていて、右から左へページが進むようになってるんですね。 右利きの人がこれ使ったら、え、え?って感じになりそうですねぇ(^_^;) 左手、チョークとかだとまだ筆記できるのですが、ペンとかのものはうまく筆記が出来ないので、 私は、これ凄いなぁって思うくらいしか出来ないですが、 左手筆記の人は、とても使いやすい作りですねぇ。

M1 Mac、仮想環境で

 11 の ARM は Surface 向けって事なんでしょうね。 マイナビニュースに M1 Mac、仮想環境でWindows 11のサポートは見込み薄か という記事が。 M1 で ARM 系 SoC へ移行した Mac ですが、 仮想環境で Windows を動かすのはかなり厳しい感じですね。 「M1 MacのParallelsでWindows 11を動作させることは想定されていない動作であること」および「ハードウェア(M1 Mac)で直接OS(Winodws 11)を実行することもサポートしていない」という内容を伝えている。 当然アーキテクチャが異なるので、 Intel x64 版は動作しないというのは分かりますが、 Windows 11 は Intel / ARM の両方に提供されることになっていて、 ARM の方は、ARM 系 SoC の M1 チップで動くのかな?って感じでいました。 だからこそ、10 から 11 に名前を変えて、ARM 版の Windows も一般向けに提供します。 って事にしたのかと思ってましたが。 人気の高い仮想化プリケーションは、M1 MacにおいてIntel版OSのサポートを行っておらず、今後も積極的にサポートする姿勢は見せていない。MicrosoftもWindows 11をM1 Macで動作させることについて積極的な姿勢を見せていない。 現状で Surface が Intel 版の Windows11 の出荷本数が大量にならないので、 11 世代も Intel 版がほぼ全てって事になりそうですかね。 となると、ARM でも Intel 版と同じ用にハードウェア側で MS の求めるものが搭載されている事を強制しそうなので、 恐らく Intel と決別した M1 Mac 及びその後続モデルでは、 Windows 11 は動作しない。って事になりそうな雰囲気ですねぇ。 この先 Intel 版が大コケして、ARM へのシフトが起こったら、 ひょっとしたら?ですが、そんな事は起こらないじゃないかなぁって気がしますねぇ。

ケーブルが30cmと長い!

 アイディアですよねぇ。 マイナビニュースに ケーブルが30cmと長い! USB Type-C接続の7in1ドッキングステーション という記事が。 ドッキングステーションは、 PC の USB 端子へ直結みたいなデザインのものが多いですが、 取り回し優先って感じで長いケーブルですね。 ケーブル長が約30cmと長く、使いやすい位置まで持って行きやすい。搭載スロット数は、USB 3.2 Gen1×2基、Gigabit Ethernet有線LAN×1、HDMI×1、充電用USB Type-C×1基、SDメモリーカードスロット、microSDメモリーカードスロット。 記事の写真見ると分かりますが、 ノート PC を机の上ではなくそれなりのスタンドに乗せていたり、 クラムシェルモードで運用している場合は、ドッキングステーション直結って使い方は出来ないので、 取り回しを考えたらこういったものもアリですね。 I/F は USB A 3.2 Gen1 x2 (以前の USB 3.0 x2) ギガビットイーサネット x 1 HDMI x1 充電専用 USB Type-C x1 SD カードスロット x1 MicroSD カードスロット x1 MicroSD カードスロットはプッシュロック/プッシュアンロックのタイプのようで、 脱着がラクに行えますね。 本体がスリムなので携行にも向くと思いますが、 卓上常設として使っても場所を取らないので、使いやすそうですねぇ。 価格が 6,980 円で、この手のドッキングステーションの価格を思ったらお手頃価格かなぁって感じも思いますね。 本体側の I/F に HDMI / SD / LAN が装備されてない製品を使っている時には、 心強い味方ですねぇ。

日清が「どんぎつねヘッドフォン作ってみました」。

 それは、吉岡里帆さんじゃないと似合わないんじゃ? PhileWeb に 日清が「どんぎつねヘッドフォン作ってみました」。RT多ければ商品化 という記事が。 耳付きヘッドホンですが、どん兵衛を使った製品に仕上げてますね。 イメージ写真を見ると、さすがに通常のどん兵衛では大きかったのか、「ミニどん兵衛」をハウジング(?)にして、それをヘッドバンドで固定しているように見える。 そうですよね。 ミニどん兵衛でも耳にかぶせるとなるとちょっと大きいと思いますから、 標準サイズとかだと、バンランスが凄く悪くなりますよね。 で耳なんですが、どう見てもきつね耳ですよね(^_^;) 吉岡里帆さんが CF で化けてるどんぎつねの耳ですよねぇ。 ツイートに#RT多ければ商品化、とは書いてあるが、どの程度のリツイートがあれば商品化するのかは不明。 写真見る限り造形きちんとしてるみたいですが、 単なるモックで音が鳴る部分や、ワイヤレスのアンテナ、電源等は搭載していないとなると、 商品化するまでには RT 数だけではなくてそれなりのノウハウが無いとダメだと思いますが。 たんなるモックで飾りなら、○○名様プレゼントなんて企画も出来ますが、 ワイヤレスヘッドホンとかになるのなら、それなりの金額になりそうですね。 でも、RT 募集をするって事は自信があるんだろうなぁって思いますねぇ。 そしてこれ、もしも商品化された場合ですが、 似合う人と似合わない人の差が歴然と出るので、使える人のハードルが凄く高くなりそうですねぇ。

「Acronis True Image」が「Acronis Cyber Protect Home Office」に

 果たしてこのジャンルで個人向けのサブスクリプションが成功するのだろうか? いつものインプレスに 「Acronis True Image」が「Acronis Cyber Protect Home Office」にリブランド という記事が。 会社サーバの仮想マシンバックアップに絶大な信頼を寄せている Acronis の製品群ですが、 個人向けは True Image ブランドでした。 今回 Cyber Protect へ変更。 近年は、マルウェア対策機能をはじめとするセキュリティ関連機能を充実させており、単なるバックアップツールとは異なる、「あらゆる観点からデータを守る」ツールとして進化。「True Image」から想起されるイメージとはずれた製品となっていたため、名称を「Acronis Cyber Protect Home Office」へ変更したようだ。 以前から、マルウェア対策のソフトは無償提供されていましたが、 よりセキュリティへも踏み込み、単なるバックアップツールじゃないですよ。って事を印象付けたいって事ですかね。 そして今回から永続ライセンスが無くなりサブスクリプションのみに。 バックアップツールは個人利用の場合結構おざなりにされること多いのかな。って思うので、 一度買ったらそれで OK って人がやはり多いような? そうなると、はたしてサブスクリプションを選択する人はどれ位居るのだろうか?って思ったりするのですが。 年間価格が載っていますが、 Essentials 5,580 円 (オンラインストレージ無し) Advanced 10,600 円 (500GB オンラインストレージ付き) Premium 13,980 円 (1TB オンラインストレージ付き、最大追加 4TB) という構成。 Essentials は外付け HDD とか DVD/Blu-ray へバックアップが前提になりますかね。 Advanced/Premium は Essentials の使い方+オンラインストレージへバックアップという使い方ですね。 手元に置いておいても良いし、全部オンラインストレージへバックアップしても良いしと環境に応じて柔軟にって事ですね。 ただ、Advanced/Premium は利用期間終了時に止めてしまうとオンラインストレージのデータは消えてしまうので注意が必要

手持ちナシでチャージ不要の

 既にアプリには仕込んで有ったんですね。 engadget 日本版に 手持ちナシでチャージ不要のファミペイ翌月払いサービス開始 という記事が。 今年の冬に発表になっていた、後払い&ローンのうち後払いサービスが 9/7 から開始。 先月アプリのバージョンアップが有りましたが、 その時にこの機能追加になってたんですね。 FamiPayは買い物だけでなく、公共料金や税金の支払いにも使え、事前チャージを前提とする前払い式のサービスですが、ファミペイ翌月払いは残高がなくても最大10万円までであれば、翌月にまとめて登録銀行口座から利用代金が引き落とされます。 そうなんですよね、ファミペイは「事前チャージして使いすぎない」を前提としたサービスなのですが、 そこにファミペイ翌月払いを統合して、チャージ額越えて使えますよ。 を始めてしまいました。 記事に、ファミペイアプリの設定遷移が載っていますが、 私も試して遷移してみました。 サービス一覧の所に、FamiPay 後払いの文字を見つけた時に、 バージョンアップの正体はこれか。と腑に落ちました。 そして、FamiPay 後払いをタップすると、 「FaceID の認識」が実行されて翌月払い申込のページが表示されました。 使う気ないので、右上の×を押して閉じましたが、 なるほど、Face ID 認証入るって事は第三者が勝手に登録は出来ないって事ですね。 (逆に FaceID 登録してないと使えない) 手元のチャージ残高は足りないし、財布にチャージする現金も入ってないし、あったらちょっと便利かも……という機能がようやく使えるようになった格好です。 いや、それなら Apple Pay 起動して Wallet に登録してある別の決済方法取りますし(^_^;) 与信を甘くして、後払いに誘導するのは何かイケナイ事をしているようにも思うのですが。

キングジム、スピーカーとマイクが一体になった

 拡声器といえば、メガホン型と相場は決まってましたが。 マイナビニュースに キングジム、スピーカーとマイクが一体になったマイク型拡声器 という記事が。 どう見てもワイヤレスマイクの出で立ちですが、 下部はスピーカーになってるんですね。 本体の上部がマイク、下部がスピーカーとなるマイク一体型の拡声器。電源をオンにするだけで使用でき、セッティングをしなくてもプレゼンや会議をスムーズに開始できる。 確かに、マイクのスイッチをいれて、スピーカーのスイッチを入れると、 ピィ~!ってハウリングが起きるのがお約束ですが(^_^;) この製品なら一体型なので、そういった事は起こらないんですかね。 メガホン型の拡声器は結構重量が有って、 しかも重心が前に有るので使っていると、メガホンが段々とお辞儀をしてきますが、 この製品ならそう言った事も無さそうですね。 外部入力端子(φ3.5mmステレオミニジャック)を備え、PCや音楽プレーヤーと接続することでスピーカーとしても使用可能。例えば、動画の音声やBGMを流しながらマイク音声を重ねるといった使い方もできる。 いや、スピーカー内蔵なんだから音が鳴ってても確かにそうなんですが、 マイクから音楽が流れてくる事に対しては違和感感じまくりなんですが。 充電三時間、連続使用時間六時間なので、 充電時間と比較して使える時間短か!って思わなくて良いですね。 価格が 33,000 円とちょっと高いかな?って気もしますが、 色々買ったりセッティングしたりすることを思ったら便利ですかね。

三菱鉛筆ボールペン「uni-ball one F」

 外観は色目が変わっただけみたいに感じますが。 いつものインプレスに 三菱鉛筆ボールペン「uni-ball one F」。低重心で安定した書き味 という記事が。 ジェルインクボールペンでも、屈指の黒色が出るユニボールワンですが、 1 年経ってリニューアル。 今までは白色軸と黒色軸の構成でしたが、今回は多色構成ですね。 カラーバリエーションは、0.38mmが消炭(Fブラック)、無垢(Fグレー)、花霞(Fピンク)、日向夏(Fイエロー)、0.5mmが霜柱(Fブルー)、葉雫(Fグリーン)、茜空(Fレッド)。 確か三菱鉛筆の色鉛筆のもので、 色名を日本的な表現にしたものが有ったと思いますが、 これはそれに似せてる感じですかね。 確かに、記事の写真の漢字名を見ながら軸色を見るとそんな感じに思えてきますね。 原色バリバリだと最初は目を引きますが、時間が経つと疲れる感じがするので、 落ち着いたトーンにするのは有りだなぁって思いますね。 (ユニボールワンの購買層を、それなりの年齢と想定しているようにも思いますが。) ペン先の金属パーツは「スタビライザー機構」を搭載。リフィルを保持する先軸に寸法精度を高めた金属製のペン先を採用することで低重心となり、uni-ball oneの濃くくっきりした黒インクを、軽い力でより安定してなめらかに書けるとしている。 ボールペンはもう進化の先は殆ど無いんじゃないか?って思ってましたが、 まだまだやれる事ってあるんですね。 筆記具で低重心化なんて考えるもんですねぇ。 ボール系 0.38mm と 0.5mm は最初のユニボールワンからの継続ですね。 価格が 330 円とユニボールワンと比較しても倍以上になっているので、 恐らく併売になるんだと思いますが、 ここぞ。って時の F って事になるのかもですね。

ドウシシャ、あえて温度を下げる

 温度コントロールを自在に操ってますね。 ITMedia に ドウシシャ、あえて温度を下げる「猫舌専科マグカップ」発売 という記事が。 熱いものが苦手な猫舌さんは、魔法瓶タイプで温度が下がりづらいものに入った熱々の飲み物は辛いですよねぇ。 そこで、猫舌用マグカップの登場(^_^;) 同商品とこれまでのステンレス真空2重構造マグカップの保冷性能を比較したところ、猫舌専科マグカップは80度の飲み物が3分間で約67度に下がった一方、これまでのステンレス真空2重構造マグカップは約79度のままだった。 これ、最初の熱いのは同じだけどそこから三分間での温度下がり率が凄いですね。 通常のものは三分で 1℃度しか下がらないのに、 猫舌用マグカップだと、三分で 13℃の下落。 これは凄いですね。 そこからは一気に下がるわけでは無く、下がり率が鈍化。 一時間後でも 55℃を維持って、この温度コントロールって狙ってるんだと思いますが凄いですね。 記事のグラフ見ると、通常のものって一時間経ってやっと飲みやすい温度に入ってるんですが(^_^;) 猫舌の人はこぞってこのマグカップを手に入れそうですね。 希望小売価格がオープンで、量販店とかドウシシャ直販でも扱うみたいなので、 手に入れやすそうですね。

Alexa、うるさい場所では

 環境音を聞き分けるようにしたって事ですね。 engadget 日本版に Alexa、うるさい場所では大声での応答が可能に 米国から機能リリース という記事が。 スマートスピーカーの音声アシスタントって、 最初は珍しがったりしましたが、 使っている人には当たり前になりましたよねぇ。 周囲がうるさいときに自動で応答の再生ボリュームを上げる「アダプティブ・ボリューム(Adaptive Volume)」機能が、米国でロールアウトされています。 確かに、周辺の音が大きいのにいつもと同じトーン、大きさで会話しても、 聞こえないよ?って事になりますから、 当たり前と言えば当たり前ですが、 音声アシスタントを司っているソフトウェアが、 まだ自然な会話のために環境音まで意識するって事にはなっていなかったんですね。 このような機能はAlexaが初めてというわけではなく、米Googleの「Google アシスタント」では「アンビエントIQ(Ambient IQ)」機能として、周囲の環境音に合わせた自動ボリューム調整が可能です。 Google アシスタントが実装したのであれば、 Alexa も搭載するのは競合している会社なら当然ですね。 自然語会話はまだ意味不明になる事もありますが、 1980~90 年代の 50 音を事前に登録しておいて文字単位での認識とか、 2000 年代の 事前登録無しだけど認識は単語単位での認識とか。 それから思えば、文章会話が普通に成り立つようになって来ているのは、 大きな進歩ですよねぇ。 そのうち、○○モードとかにしなくても音声アシスタントが環境音を感知して、 ”騒がしいですね。大きい声で話します。聞こえますか?” とかって自動で調整するようになりそうですねぇ。

“50チャンネルに一発で飛べるリモコン”

 エイプリルフール企画かと思いました。 いつものインプレスに “50チャンネルに一発で飛べるリモコン”借りたら、長すぎた という記事が。 記事の写真を見た瞬間に、エイプリルフール??って思ったんですよね(^_^;) スカパー! は9月30日まで「基本プラン視聴料最大2ヶ月無料キャンペーン」を実施しているそうだ。基本プランでは、11ジャンル、50チャンネルが見放題で楽しめるため、そのキャンペーンをアピールするために、50chが全部ダイレクトのボタンで選べるリモコンを作り、それを50人にプレゼントする事にした……というのが詳しい内容。 これ、ワンオフで目立つだけ用のものじゃなくて、 50 チャンネル見放題だから、50 チャンネルダイレクト選局リモコンを作成して、50 名にプレゼント。 という企画の一環なんですね。 にしてもよく作りましたねぇ。 単純にボタンが並んでいるだけかと思いきや、 イルミ設定出来たりするのは、それなりの人が関わって企画・製造をやったって事ですよねぇ。 筐体の下方向3分の1くらいは、通常のリモコンと同じレイアウトで、方向キーや音量のアップダウンなどを備えている。圧巻なのはそれより上の3分の2を占める3×17列・51個のダイレクトボタン。 TV リモコンの 1 ~ 12 って既得権で守られていて、地上波の局が専有することになってる。 っていうのを聞いたことが有るのですが、 このリモコンの場合は、ツッコミどころはそこじゃないですね。 上部の 50 コ並ぶダイレクトボタンは、それぞれのチャンネルのロゴが入っているので、 チャンネル番号よりロゴマークを見て押すって感じですね。 ただ、記事の写真を見て重量バランスが相当前に偏っていると思うので、 片手で根本辺りを持つと、相当重たく感じるような気がするなぁ。 プレゼントキャンペーンは、 公式 Twitter をフォローして、記事を RT という、 まぁ、一般的なキャンペーンなので、応募は敷居が低いですね。 気になって仕方ない人は、9/15 23:59 までに応募ですね。

Windows 11は

 アップデートモデルは、10 と同じなんですよね? engadget 日本版に Windows 11は10月5日提供開始。Win10から無料アップグレード、Androidアプリ対応は後日 という記事が。 2015/7 リリースの Windows 10 から 6 年ぶりの新 OS なのですが、 何だか全然新しさを感じないって言うのは大丈夫かな?って思うのですが。 Windows 11 はスタートメニューをはじめUXのモダンな新デザインや使い勝手改善から、Androidアプリまで取り込むマイクロソフトストアの刷新、ゲーミング性能を向上するDirectX 12 Ultimate対応など、Windows 10から全面的に進化した新しいOS。 そんな事は無いでしょ。 GUI は廃止になった Windows 10X からエッセンスを借用して搭載しただけで、 Windows 8 以降はカーネルとシェルが分離しているので、 WIndows 10 の シェル差し替えって感じがしないでも。 但し、64 ビット専用、セキュリティチップ必須、DirectX 12 以降必須というように、 10 では実現出来なかった、古いハードを切り捨てるって事を実践しているように思いますねぇ。 ああ、数ヶ月先で Android 用のソフトが実行できるようになるので、 極端に厳しい動作条件はここに起因しているのかもですね。 ただ、デスクトップ周りこれで行くんですかね? タスクバーが下固定、タスクバー右クリックでタスクマネージャーが呼び出せ無かったりして、 今までの細かい作法を Windows 10X の独りよがりインターフェイスが壊してしまっているのですが、 ビジネス用途としては果たしてどうなんだ?って思ったりもするんですよねぇ。 Pro / Enterprise 版で AD 参加した時に、ポリシーでガチガチに動作を動作を制限したら、 まともに使えるんだろうか?って気もするんですよね。 10 Pro はストアを途中からオミット出来なくなりましたが、 少なくともオフィス向けバージョンは、Android ソフトの実行はオミット出来るようになってて欲しいですねぇ。

ドウシシャ、”サンスイ”ブランド

国内で SANSUI が消えるって事ですかね。 いつものインプレスに ドウシシャ、”サンスイ”ブランド音響製品の生産終了 という記事が。 昔々に世界に名を轟かした「山水」が倒産して、日本国内でのブランド使用がドウシシャに移ってましたが、 それも生産終了だそうで。 2012年から「SANSUI(サンスイ)」ブランドでの音響製品の開発・販売をしてきたドウシシャは、2021年8月末でライセンサーとのブランドライセンス契約期間が満了となり、サンスイブランド製品の生産を終了すると発表した。 SANSUI のライセンスを持っている会社を検索しても見つからなかったのですが、 中国、北米、英国とライセンス契約して販売している会社が有るので、 ライセンス管理している会社が有るとは思いますが。 ドウシシャとしては、そのライセンス管理会社との契約完了という事で、 SANSUI ブランドが終了という事なんですね。 現在展開している音響製品の販売は、在庫限りとなるが継続。また、2012年以降、ドウシシャが開発・販売したサンスイブランド製品のアフターサービス対応も、引き続きドウシシャが対応する。 まぁ、それはそうでしょう。 ライセンス契約が完了したから、それまでに製造した製品は知りません。って訳には行かないですし。 とは言え、2012 年からなので 9 年間の製品。 最初期の製品は部品保持期限を越えているので、 段々とアフターサービス打ち切りという製品が増えて行きますね。 記事にもありますが、昔はサンスイ、トリオ、パイオニアとか、 他にもナカミチとかアカイとか名だたるブランドが消えてしまいましたが、 一度消えたものは戻らないのは残念ですねぇ。

「ドコモ口座」終了へ

 まとめるのは分かりますが、名前が d 払い残高ってどうなの? ITMedia に 「ドコモ口座」終了へ 機能は「d払い」アプリに統合、名前も「d払い残高」に という記事が。 単体サービスだったドコモ口座が終了して d 払いへの統合なんだそうですが、 既存ユーザーが混乱しませんかね。 d払いアプリ上に従来のドコモ口座の機能として残るのは、残高を携帯料金の支払いに利用できる機能のみ。Visaプリペイドカードに対応するECサイトで口座の残高を使える機能や、チャージ額を翌月の電話料金に上乗せする形の送金機能は終了する。 事実上ドコモ口座で出来たことは d 払いに巻き取るって事ですね。 ただ、ドコモ口座で出来たり d 払いで出来たりと複数の決済方法が乱立していたのは、 ユーザーが分断されていたのかも?って気もするのですが。 今回の統合で、携帯電話料金支払に使える機能は残るが、残りの機能は d 払いも同等機能が有るので、 そちらを使うようにする。って事ですね。 そう思ったら統合というよりも、d 払いに残高を携帯電話料金として支払える機能を搭載する。って事じゃないの?って気もするのですが。 だからこそ、ドコモ口座という名前を止めて d 払い残高という、 何だその名前?って感じになるんですかね。 フィーチャーフォン向けのインターネットサービス「iモード」でドコモ口座を利用しているユーザーは、d払いのアプリを利用できないため、ドコモはそうしたユーザーには10月25日までに残高を使い切るよう呼び掛けている。残高を使い切らなかったユーザーには返金対応を行うとしている。 ああ、ガラケーは d 払い使えないから、ガラケー向けのサービスがまた一つ終了する。って事なんですね。 au は来年 3 月末に 3G 終了で旧来の Web サービスが無くなりますが、 ドコモは 3G 停波までまだ期間が有りますが、サービスがどんどん終わって行きますねぇ。 au / UQ mobile ユーザーですが d 払いユーザーでも有るので(^_^;) d 払いのアプリが意味不明な状態になるのだけは避けて欲しいのですが、大丈夫ですかね?

クリエイティブ、約2.8万円の

 この価格で ATOMS 対応ですか。 いつものインプレスに クリエイティブ、約2.8万円のDolby Atmos対応サウンドバー という記事が。 Dolby ATOMS 対応の製品だと、10 万超えって感じの製品が多くて、 それ以下の価格帯は、Dolby Virtual-X 対応って感じの感覚が有ったので、 ATMOS 対応で 3 万円切る価格設定はすごいですね。 Dolby Atmosに対応しており、HDMI入力やHDMI ARCからのDolby Atmosコンテンツを、立体音響サウンドで楽しめる。光デジタル入力も装備。対応のゲーム機などと接続して、高品位なステレオサウンドやDolby Digitalの再生も可能としている。 ATMOS 再生するには ATMOS 用にイネーブルドスピーカーが上方に向かって設置されている必要が有りますが、 記事の写真見る限り正面に向いているスピーカーが 2 本しか見えなくて、 イネーブルドスピーカーって有るの?って気がするのですが。 Creative Stage 360 公式ページの製品仕様 を見ると、 対応しているオーディオフォーマットの記載が有り。 HDMI入力:Dolby Atmos(TrueHD/Digital Plus)、Dolby Digital、Liner PCM HDMI出力(ARC):Dolby Atmos(Digital Plus)、Dolby Digital、Liner PCM と書いてあるので、ATOS 対応なんだと思うのですが、 スピーカー構成、2.1ch なんですよね。 フロントのみの構成なので、2.1.2ch とかなら ATMOS 用のスピーカーが 2 つ有るって分かるのですが、 そうじゃないんですよね? 本当にこの構成で ATOMS 音声が再生できるのだろうか?って気になってしまったのですが。

『あぶない刑事』がHDリマスター版Blu-rayで

 HD リマスターでどこまで綺麗になってますかね。 Phile Web に 『あぶない刑事』がHDリマスター版Blu-rayで復活!限定版はタカ&ユージのフィギュア付き、予約は10/26まで という記事が。 あぶない刑事って、平成のイメージがありますが実は昭和なんですよね(^_^;) 1986年放送の『あぶない刑事』と、1988年放送の『もっとあぶない刑事』のHDリマスター版Blu-ray BOX化が決定。「あぶない刑事Blu-rayBOX VOL.1/VOL.2」(各30,800円/税込)、「もっとあぶない刑事Blu-rayBOX」(30,800円/税込) 番組開始当初は、前番組の「誇りの報酬」と比較して何か軽い感じがしたのですが、 2 話見る頃にはハマってました。 35 年経過してる作品が BD 化されるのは有る意味すごいですねぇ。 発売は、来年の 9 月(2022/9/14)なのですが、 タカ&ユージのフィギアの製造の関係か予約締切が今年の 10 月(2021/10/26)なんですよね。 それぞれの仕様が記事後半に載ってますが、 全話 HD リマスター化と音声がリニア PCM モノラル、 2 層 6 枚の Blu-ray Disk フィギア付きが若干分かりづらいですが、 フィギア付きの完全予約限定生産版は タカフィギアは、あぶない刑事 Blu-rayBOX VOL.1 タカフィギア付き ユージフィギアは、もっとあぶない刑事 Blu-rayBOX ユージフィギア付き ですね。 なので、あぶない刑事Blu-rayBOX VOL.2 は通常版のみ。 現在 TV シリーズは動画配信サービスでは提供されていないので、 HD 化された TV 版を見たい時にはこの Blu-rayBOX しか無いですね。

「ゲーミング割りばしホルダー」発売。

 流石に LED は付いてないんだ(^_^;) AUTOMATION に 「ゲーミング割りばしホルダー」発売。割り箸を持ったまま、ゲーム中にいつでもポテチをつまめる という記事が。 確かにゲーム機のコントローラを持っていると、 油や砂糖とかが付いているものを指で持ちたく無いですねぇ。 ゲーミング割りばしホルダーは、人差し指と中指で挟むようにして使用する。そして、ホルダー部分に割り箸などをセットすると、指の延長に箸がくるかたちとなり、自由自在に箸を扱えるという。コントローラーなどを操作しているあいだも装着しておくことができるため、いつでもすぐにポテチをつまめるわけだ。さらに、ホルダーを上下逆さにして置くと、箸の先端が浮くかたちとなり、テーブルを汚す心配もない。 確かに、箸でポテチをつまんで食べるって事はすることはありますが、 これをゲーム中でも持っていたり、置く時にはテーブルを汚さないという工夫は、 企画した人は考えましたねぇって感じですねぇ。 そして、以前ホリからも同様のものが有った記憶が有ったのですが、 記事でも触れている通り現在は販売されていない。という事は、 このゲーミング割りばしホルダーは唯一無二の存在って事ですね(^_^;) そして思ったのが、ネーミング。 ゲーミングと名前が付いていると言うことは、LED が装着されていてピカピカ光るのかな?と思いましたが、 流石に LED は搭載されていないんですね。 価格が 1,100 円なら仕方居ないかもですが、 薄型の高輝度タイプを仕込んで光らせたら、 「ゲーミング」のパーツとして認められそうな気がしますね。

アイ・オー、1,920×1,200ドット表示対応の

 新製品で WUXGA 対応でピボット対応って気合入ってる。 いつものインプレスに アイ・オー、1,920×1,200ドット表示対応の25型液晶 という記事が。 ワイドモニタは、16:9 のフル HD (1920x1080) がほぼ主流になっていて、 16:10(1920x1200) のものは見かけなくなったなぁって思ってました。 LCD-DX251EPBは、縦横比16:10で解像度1,920×1,200ドットの非光沢IPS液晶パネルを採用した25型ディスプレイ。 おお、ノングレア IPS 液晶で 25 型ですか。 まさに私が以前買った三菱 RDT-261WH と同じ系譜に感じますね。 PS3 が出た頃でも、殆どがフル HD 解像度だったりして、 1920x1200 は選択肢がほぼ無かったのですが、 現状高精細は 4K へシフトしてるので、(1920x1080) x4 となり、3840x2160 がほぼって感じになってます。 そしてこのモニタ、RDT-261WH では搭載されなかったピボット対応。 入力 I/F が HDMI 、 DisplayPort 、ミニ D-Sub と基本的な構成。 流石に最近は入力がほぼ HDMI になっているとは言え、 旧来の PC で D-Sub 入力出来るのはありがたいですねぇ。 オープンプライスで予想価格が 37,950 円前後って、 このサイズと高解像度感ならお手頃価格になってるんですねぇ。 ピボット出来るのなら、ゲーム機用途とかも有りなのかな?って思ったりもしますねぇ。

Netflixの支払い方法は?

 PayPal で現金払いも出来るよ。 マイナビニュースに Netflixの支払い方法は? 料金支払いに関するトラブルの対応方法も解説 という記事が。 日本で Netflix が利用できるようになった月から利用しています。 そして支払い方法は記事に載っていない方法なのですが(^_^;) Netflixの支払い方法は、大きく分けると5種類あります。それぞれの支払い方法についてくわしく見ていきましょう。 ええ、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、Netflix プリペイド・ギフトカード、パートナー課金。 そうですね、支払い方法は 5 つですよね。 ただ、私は変則的な支払い方法をしていて、 支払いに指定しているのは、Paypal だったりします。 (最終的にはプリペイドカードでの支払いですが) 最初の頃には、ネット決済専用の V プリカを使っていました。 なので支払いは以下のような流れに。 請求 Netflix 請求 → PayPal  → V プリカ 支払い Netflix 請求 ← PayPal  ← V プリカ となり、Netflix へは PayPal で支払っている事になっていました。 その後、iPhone 12 mini になり d 払いなどのコード決済の原資に d カードプリペイド を指定するようになったので、 プリペイドは d カードプリペイドへ一本化。 そのため、V プリカの残高をゼロにして封印。 それから、PayPal の登録クレジットカードを d カードプリペイドへ変更。 この状態での Netflix への支払いは以下のような流れに。 請求 Netflix 請求 → PayPal  → d カードプリペイド 支払い Netflix 請求 ← PayPal  ← d カードプリペイド Netflix 側の支払いは PayPal のままなので、特に変更する必要も無く。 ネット決済は PayPal が使えるのであれば、PayPal に任せれば、 後方の原資になるものはプリペイドカードの変更もラクだし、 望めば現金にも、クレジットカードにも変更可能だったりするので、 今月だけ変更なんて事も出来たりするんですよねぇ。 というのを、Netflix 日本上陸時から利用しているので、 これしか無い。って記事で書かれると、 色々あるよ。って思ったりする

DAZNを約半額で楽しめる

 既存ユーザーには関係無いですね。 いつものインプレスに DAZNを約半額で楽しめるキャンペーン。24日から という記事が。 F1 見るのに、DAZN の契約してます。 シーズン終了後も継続しているので、契約自体は切れたことは無かったります。 加入から最初の6カ月間は月額1,078円でサービスを楽しめるキャンペーンを8月24日から9月7日まで実施する。 最初に診た時には、お。半額なんてすごいぞ。って思ったんですよね。 でも、まぁ新規ユーザーを取る施策だよね。っていうのも同時に思い。 そして、条件を見てやっぱり。 対象はWebからの登録の場合、新規登録、および12カ月以上前にDAZNを退会したユーザー。 条件は、 1.全くの新規ユーザー 2.一旦退会して 12 ヶ月以上経過している 1. か 2. のどちらの条件を満たした場合。 という事なので、現在契約中のユーザーにはメリットは無し。ですね。 携帯電話とかでもそうなのですが、 長期利用ユーザーには何もメリットが無くて、 新規ユーザーには色々なサービスを付けるって、 何か長期利用者は何だそれ?って気にもなるんですよね。

アクロニス、「Acronis Cyber Backup」など法人向け

 いや、永続ライセンスは残して。 ASCII.jp に アクロニス、「Acronis Cyber Backup」など法人向け製品をサブスク移行へ という記事が。 会社サーバは仮想サーバがほぼ全て。 バックアップは直感直視で使える Acronis 製品指名買いなのですが。 10月1日から法人向け製品の販売をサブスクリプションライセンスへ移行する。これにともない、9月30日をもって、法人向け製品の永続ライセンスの新規販売は終了する。 なんと。 仮想サーバ向け Cyber Protect 自体の価格が他のバックアップツールと比較してもバーゲン価格に思えていたので、 仕方ない部分もあるかもしれませんが、 サブスクリプションのみの提供というのは痛いですねぇ。 この移行の影響を受けるのは、以下の対象製品に関連した、新規および既存顧客に対する「永続ライセンスの新規販売」のみとなり、現在有効なライセンスの保守契約については、アクロニス製品サポートライフサイクルポリシーに準じ、引き続き更新できる。サポート対象バージョンについては「アクロニス製品サポートライフサイクルポリシー」に準ずる。 それはそうでしょ。 既に永続ライセンス購入ユーザーに、今月からサブスクね。よろしく。 って訳には行かないと思いますから、サポート終了までは永続ライセンスの権利行使は出来ると思いますが、 追加導入や新規導入時にはサブスクリプション契約しか選択肢が無くなるんですねぇ。 他のバックアップツールを使って、 直感直視で使えないものばかりで、Acronis へ辿り着いたのですが、 定額でコストがずっと掛かり続けるのを、エライさんへ説明して理解してもらうのに骨が折れそうな気がするなぁ。

累計9000万冊突破、マルマンが

 A6 サイズ位のを使ってます。 ITMedia に 累計9000万冊突破、マルマンが「図案スケッチブック」スクエアサイズを発売 という記事が。 緑と黄色のデザインは、スケッチブックだなぁって思いますね。 マルマンは累計9000万冊突破のロングセラーブランド「図案スケッチブック」のスクエアサイズを、8月27日に数量限定で発売する。 確かに使ってるのは、スクエア(正方形)でなくて縦長な製品なので、 正方形ってまた違った感覚で使えるのかな? 元々は 2018 年に 60 周年記念で発売された時に、 一週間で約 2 万冊売り上げたそうなので、絶対ニーズは有るって事ですね。 今回の製品は通常のスケッチブックよりもひと回り小さく、気軽に利用できるようにした。縦横の比率が同じなので中心を意識しやすく、イラストのバランスがとりやすいように設計した。 スクエアだから大きくなるのかと思いましたが、そうじゃないんですね。 確かに縦横同じ比率なので、用紙の中央がまさに中央なので、 絵を書く人には中心がずれた。って事にならなくて良さそうですね。 2018 年に沢山売れたのなら、定番にしても良さそうなんですが、 やはり変形サイズは製造コストが掛かってしまうのかもですね。

Netflixがアップル「空間オーディオ」に

 スピーカー沢山置かなくて良いですもんね。 Phile Web に Netflixがアップル「空間オーディオ」に対応。AirPodsでサラウンド再生可能に という記事が。 最近のサラウンドは、ATMOS に代表されるオブジェクトオーディオでスピーカーが林立している状態ではないと、 立体的な音場を作り出せないですが、 AirPods Pro の空間オーディオに対応させたサードパーティ現るですね。 iOS向けアプリのバージョン14.2.0とAirPods Proによる組み合わせで、空間オーディオによる再生が行えることを確認できた。コントロールセンターから空間オーディオのオン/オフを切り替えることができる。オンにすると、イヤホンでの再生でも包み込まれるような音場を感じられる。 AirPods Pro の投資で、立体音場が実現出来ると思ったら、 コストパフォマンスはダントツかなぁって思いますね。 しかもこれ、Netflix でのお話なので、 作品によっては凄くリアル感ある音場が出現するって事ですね。 これまで日本国内の映像配信サービスでは、「Apple TV+」が空間オーディオに対応していた。今回、新たにNetflixが対応したことで、利用者が大きく増えることが予想される。 映像配信サブスクリプションサービスでは、Amazon Prime とシノギを削っている Netflix なので、 空間オーディオで一歩先んじる事が出来ますかね。 ソニーのスピーカー 4 本で ATOMS 対応製品が出たり、 AirPods Pro で空間オーディオが聴けたりと、 「サラウンド」の設置定義とかが変わりそうな気がしますねぇ。

ケンコー・トキナー、2.45型モニター搭載の

 発売日決定ですね。 いつものインプレスに ケンコー・トキナー、2.45型モニター搭載の3軸電動ジンバルカメラ「MOZA MOIN Camera」の発売日を8月20日に決定 という記事が。 4 月発表時から延期が続いていましたが、 遂に 8/20 に発売決定ですね。 外観デザインは、DJI Pocket 2 に似ていますが、 バリアングル液晶搭載で、プレビューが見やすくなっているのが特徴ですね。 最大4K/60Pの動画記録に対応する3軸ジンバル搭載のグリップ一体型カメラ。2.45型のタッチパネル式液晶モニター(可動式)を搭載している点が特徴。センサーは有効約1,200万画素の1/2.3インチCMOS。価格はオープン。同社オンラインショップでの販売価格は4万2,800円(税込)。 DJI Pocket 2 の時にも思いましたが、 スマートフォン用ジンバルを使うと、どうしても大きくなってしまいますが、 DJI Pocket 2 や MOZA MOIN Camera だとコンパクトになってるので、 持ち運びしやすいですよね。 このサイズで、4K/60P って今の仕様なら良いなって思いますね。 それにやはり大きなバリアングル液晶はメリットになりそうって感じます。 それと、価格なんですが公式オンラインショップで 42,800 円(税込)で、 他のネットショップだと既に 4 万円を切っている値段が付いているので、 リーズナブルだなぁと思いますねぇ。 DJI Pocket 2 と直接のライバル関係だと思いますので、 これから競って性能を上げて行って欲しいですねぇ。 8/20 発売なら週末くらいから、レビューがどんどん出てきそうなので、 要チェックですね。

Mastercardが磁気ストライプを

 確かに、もう IC カードが主ですよねぇ。 Gigazine に Mastercardが磁気ストライプを段階的に廃止すると発表、2033年までに完全廃止の方針 という記事が。 手持ちの MasterCard ブランドは、 d カードプリペイドなのですが、IC チップも磁気ストライプも付いてますね。 自社クレジットカードとデビットカードへの磁気ストライプの搭載を段階的に廃止し、ICチップのカードに一本化する計画を発表しました。2029年までに新規発行カードへの磁気ストライプの搭載が終了し、2033年までに完全に廃止されるとのこと。 セキュリティで磁気ストライプが問題になる事が有りましたが、 将来的には IC チップ一本化って道ですよね。 磁気ストライプになる前は、カード番号の刻印をカーボン用紙で複写していましたが、 それが無くなるのと同じように、磁気ストライプは IC チップへ移行するって感じですねぇ。 2033 年までまだ 12 年有りますが、 段階的に減って行くって事はカード更新の都度磁気ストライプは消えて、IC チップのみに置き換わって行くって感じですかね、 IC チップ搭載であれば、MasterCard コンタクトレスでタッチ決済出来るので、 そういった面でも磁気ストライプの役割は終わっているのかもって気もしますが。 あ、いや。 スマートフォンでの非接触決済が当たり前になると、 そもそもプラ製カード自体が無くても?って感じになるのかもしれないですねぇ。

キオクシア、4Kでの撮影に向く

 各社 TB 級が出揃ってきましたね。 いつものインプレスに オクシア、4Kでの撮影に向く1TB容量のmicroSDカード という記事が。 サンディスクブランドで 1TB の MicroSDXC カードは発売になっていましたが、 キオクシア(旧東芝) も 1TB 製品投入ですね。 同シリーズは、32GB/64GB/128GB/256GB/512GBをすでに展開しており、いずれもHSスピードクラス3にも準拠している。なお、1TBモデルのみ、カード色が黒となる。 ですよね。 キオクシアの製品って白ベースのカードに、黒文字とかで KIOXIA とかって入る感じだったのですが、 1TB 製品は黒ベースのカードに、白文字で KIOXIA とかってロゴが入ってますね。 512GB の製品で 、 UHS スピードクラス 3、ビデオスピードクラス V30 が当たり前になりつつ有り、 この製品が 4K 解像度向けという事なら対応しますよね。 公式プレスリリース 見る限り、 R 100MB/s W 85MB/s を実現しているので、 先日私が買ったグリーンハウスの製品で 512GB のものよりも書き込みがまだ速いって事になりますねぇ。 1GB 製品が出た時には、超大容量って思ってましたが、 それが、たった 1GB になり、気がつけば 1TB ≒ 1000GB に到達してるんですねぇ。 MicroSDXC のあのサイズに 1TB 入ってるんですよねぇ。 何かどこまで行くんだろうって思ってしまいますねぇ。

Coke ON Pay が Apple Pay に

 自販機でも「ペイ」ですねぇ。 engadget 日本版に Coke ON Pay が Apple Pay に対応 スタンプ獲得も可能に という記事が。 清涼飲料水はコンビニで買うことが殆どですが、 たま~に自動販売機で買うことがあります。 私もキャッシュレス払いにシフトして行っているので、 現金(しかも小銭)は持ち合わせが無いことが多くなりました。 自動販売機に貼り付けられた App Clip コードをiPhoneのカメラで読み取るか、NFC対応iPhoneをかざせば使えます。こちらは8月25日以降、全国38万台の Coke ON 対応自販機で順次利用できるようになります。 あら、これだけ? ○○ペイのコード決済なら、決済会社ごとのコードが違っていて、どれなの?って感じになりますが、 意識せずに iPhone のカメラで読み込ませるか、NFC 対応 iPhone で非接触決済って流れなんですね。 ただ、Apple Pay って Walet 呼び出しを発動させる時には、 Home ボタン有り端末は指紋認証で起動。 Home ボタン無し端末は顔認証で起動。 のどちらかで起動してから Apple Pay 決済になるんですが、 本当にかざすだけなんですかね? iPhone 12 mini の Apple pay だと以下の流れ。 1.iPhone のサイドボタンを押す 2.Walet が起動してメインカードが選択 3.顔認証が実行され承認 4.リーダーにかざしてください表示 のステップを踏むのですが、iPhone で 1.~4.まで実行してから自販機に近づけるって事ですかね? 8/25以降利用可能になるみたいなので、Coke ON の自販機を見つけたら試してみたいと思います。

サクラクレパス、100周年でクーピー

 クーピーはクレパスじゃないんですよね。 いつものインプレスに サクラクレパス、100周年でクーピー最多の100色セット。パール顔料新色も という記事が。 小学校の時に私は色鉛筆を使ってましたが、隣の席のコがクーピー使ってて、 なんだそれ??って思いました。 パッケージデザインに、シックでモノトーンのクーピー柄を採用し、コレクション欲をくすぐるノスタルジー感あふれる逸品としている。クーピーは4ユニット、それぞれ25色ずつセットされ、インテリアとしてディスプレイすることも想定している。 ケース外観、内部のクーピーの配列、中央のサクラクレパスの会社ロゴ。 計算し尽くされているように思いますねぇ。 記事の写真に、中央部のアップが載っていますが単純に並んでいるだけではなくて、 配色も計算の上のようで美しいですねぇ。 クーピー初の最多色である100色セットのうち、限定カラーは40色。その中にはパール顔料を使用した新色12色も含む。限定カラーは単体販売をしていない。 という事は、限定カラーを使ってしまったら再補充出来ないんですよね。 それなら、完全にインテリアとしてディスプレイするって方向になりそうなんですが。 パッケージの蓋を開けた後、クーピーとの間に透明のアクリル板みたいなのでカバーが有ったほうが良さそうですねぇ。 重量 1,880g も有るんですか。 ある意味究極ですねぇ。

ワークマン、スーツ型の電熱ヒーター付き

 ファッションは季節先取りですもんね。 ITMedia に ワークマン、スーツ型の電熱ヒーター付きジャケット発売 コートが着られない場面に という記事が。 夏場の現場で空調服を着ている人をよく見かけるようになりました。 ワークマンでも空調服売ってますねぇ。 そして、今度はヒータージャケットですね。 「着るこたつ」をうたう電熱ベストなどと同じ電熱シートを背中側の首元と腰に取り付け、バッテリーからの給電で温める。屋外でのオフィシャルな場面など、コートが着られない時も十分に温かいという。 夏場の現場も相当暑くて空調服が出来たように、 冬場の現場も相当寒くなるのでヒーター内蔵のジャケットですね。 記事に写真が載ってますが、野暮ったくなくてちゃんとした作りに見えるので、 コートが着れない時には役に立ちそうですね。 バッテリーは別売。ワークマンの空調ウエアと共通の「ハーフバッテリー8Vセット」(4900円)が使える。バッテリーの重量は約130g。 この辺り専用品じゃなくて、汎用的に夏に使ったものが使える互換性は良いですね。 冬は大抵使い捨てカイロを入れて暖を取るって感じですが、 ジャケットが暖かくなると、便利ですね。 価格も 4,900 円(税込) って言うのは良いですねぇ。

ランボルギーニ、新型「カウンタック」

 カウンタックなんだ。 いつものインプレスに ランボルギーニ、新型「カウンタック」登場を予告 という記事が。 1970 年代後半に日本でスーパーカーブームを巻き起こった時に、 中心的にいた車ですねぇ。 私はフェラーリよりも、ランボルギーニ カウンタック LP500S の方が美しいと思ってました(^_^;) リトラクタブルヘッドライト(通称パカライト)とリアのデカ羽。 そして特徴的なシザードアがスーパーカー然としている感覚でしたねぇ。 アウトモビリ・ランボルギーニは8月9日(現地時間)、ベールに包まれた新型「カウンタック(COUNTACH)」のティザー写真を公開。同ブランドの伝説的モデル「カウンタック」の復活を宣言した。 記事にカバーをかぶった写真が載っていますが、 フロントの落ち方と、リアの跳ね上がりでカウンタックらしいなぁって感じですね。 欧州とかでは、フロントのライトって固定式以外禁止だったと思うので、 パカライト搭載は望み薄ですかね(^_^;) 最近のエアロダイナミクスは、ウイング無くても空力特性が良くなっているので、 過去の LP400S のイメージでの登場かな?って気もしますねぇ。 いつ頃発表されるのか不明ですが、 スーパーカーって言われたカウンタックなので、 新しいカウンタックも期待ですね。

ロッテの人気「板ガム」が

 懐かしいなぁ。 ITMedia に ロッテの人気「板ガム」が15年ぶりに復刻 ダイソーで限定販売 という記事が。 それでも、私はクールミントでしたが(^_^;) 8月3日からダイソー限定で発売を開始した。スウィーティガム、アセロラガム、スペアミントガムの全3種類。 名前見ただけで、懐かしい。って思ってしまいますねぇ。 スペアミントは、クールミントとグリーンガムにイメージ被る感じがしてましたが、 1954 年って事はグリーンガムよりも以前って事なんですかね。 物心付いた時には、スペアミント、クールミント、グリーンガムとハッカ入りが多いなぁって感じでした。 アセロラは平成になった時に現れた感じがしてて、1989 年ならまさにですね。 そしてスウィーティっていつの間にか現れていた(^_^;) 感じでしたが、1995 年ならほかと比較してもまだ年代的には比較的新しいのかな?って感じですね。 同社の広報は「ダイソー以外で販売する予定はない」とし、今後の展開については未定という。 これは、ダイソーコラボって事で製品開発したのかな?って思うのですが、 全国で 108 円で販売って事を前提としたら、そうなったのかもですねぇ。 記事にもありますが、たしかに懐かしいって思うので、昔噛んだことが有る人は手に取りそうですね。 ちょっと探ってみたら、2012 年にスペアミントは復刻したことあるんですね。 ならば、その時に一緒に復刻したコーヒーガムも再び復刻ってアリじゃないかなぁって思いますねぇ。

GH-SDM-ZAシリーズ

 SDXC では初 512GB です。 製品名:GH-SDM-ZAシリーズ 品番:GH-SDM-ZA512G 容量:512GB SD SPEED クラス:10 UHS スピードクラス:3 ビデオスピードクラス:V30 アプリケーション パフォーマンスクラス:A1 転送速度:R 100MB/s W 80MB/s 規格:SD Physical Layer Specificayion Ver5.1 製造国:台湾 メーカー:株式会社グリーンハウス JAN:4511677118302 256GB のものが手狭になって来たので、 新しいカードを買いに行きました。 SD カードの価格崩壊って最近は落ち着いた感じも有りますが、 それでも、安くなったなぁって感じですね。 店頭にはキオクシアの海外パッケージ品も置いてたりしたのですが、 まぁ、使い慣れているグリーンハウスが良いかな?って感じで買ってきました。 まずは、今の 256GB に入っているデータを 512GB の方へ移す事が最初ですね。

iOS 14.7.1 適用通知が来た

 まぁ、そろそろ適用しろよって事ですね。 iPhone 12 mini の通知欄に、iOS 14.7.1 のアップデートは今夜実行します。って表示が出るようになりました。 私はアップデートはいきなり適用じゃなくて、 周りで問題が発生していないのを確認後、緩やかに適用って感じなので、 先行で iPad OS 14.7.1 を適用して、問題ないなっていうのは確認していました。 それでも、5G / 4G / WiFi 他の通信モジュールを沢山内蔵している iPhone の適用は少し躊躇しますねぇ。 とはいえ、深夜帯に自動適用自動再起動で朝起きたら 14.7.1 になってるって事ですね。 まぁ、それはそれでヨシですかね。

家電メーカー・シャープが縦STG

 X68 時代とかはゲームソフトも販売していたので、アリだと思いますねぇ。 AUTOMATON に 家電メーカー・シャープが縦STG『プラズマクラスターシューティング』公開。難易度曲線がシャープすぎる弾幕ゲー という記事が。 初代 X68000 には SPS が移植したグラディウス(I) が同梱されていました。 そういう意味では、シャープがゲームっていうのはアリですかね。 『プラズマクラスターシューティング』は、エアコンや空気清浄機などに用いられるプラズマクラスター技術をテーマとした、縦スクロール型シューティングゲームだ。 スマートフォン向けに作ったとなったら、縦画面シューティングってなるのは必然な気が。 流石に横画面シューティングはカジュアルにプレイって事にはならないので、難しいでしょうし。 画面の半分は覆いつくさんばかりの、巨大な砲台に乗ったウイルス・菌の連合軍である。ここから急激にゲームの難易度は跳ね上がり、弾の密度もまさに「弾幕」の名に恥じないものに。たとえ最強レベルまでパワーアップをとっていても相当に敵が硬く、プラズマクラスターの威力を知らしめるには逆効果では? と心配になるほど、“本気”の凶悪度で敵が迎え撃ってくるのだ。 後半は弾幕系ですね。 縦シューといえば弾幕がお約束ですが、スマートフォンだと難易度が高いかもですねぇ。 とは言え、アプリではなくブラウザベースなので、PC でも遊べますね。

自動運転のスイカ輸送

 稼働率はすごいですからねぇ。 engadget 日本版に 自動運転のスイカ輸送トラック、人の運転より10時間も早く1500kmを走破 という記事が。 自動運転技術が段々と実用化に近づいて来ていますが、 どこかでブレークスルーが来たら一気に現実の技術になりそうですね。 一般的なドライバーが走行した場合は24時間6分かかったのに対して、自動運転のトラックは約14時間6分で完走することができました。人間に対して10時間もの時短になったわけで、これは企業にとって、在庫の補充や製品の製造をより迅速に行なえると考えると、非常に興味深い結果です。鮮魚輸送や生鮮食料品の運搬といった用途にも非常に有望な結果と言えるでしょう。 1,500 km を 14 時間 6 分って事は 110km/H 程度の速度で走り続けたって感じですかね。 実際は、無給油で 1,500 km を走ることは不可能だと思いますので、何度か給油していると思いますが、 それを差し引いても、淡々とこなすって感じですねぇ。 記事では米国の規則で人間が運転していると休息を取る必要があるので、 予想された時間短縮となっていますね。 この休息時間を思ったら、人間だと 24 時間以上掛かっているのは連続 10 時間の休息かなぁと。 自動運転車で「疲労」というのは聞いた事が無いので、実用化される時には時間読みが正確になるかもですね。 ただ、もっと AI が高度に進化したら AI の疲労っていう問題もまた発生するのかもですが(^_^;)

auから泡ハンドソープなどで

 3G 停波時に乗り換えるとしたらこれかなぁ。 いつものインプレスに auから泡ハンドソープなどで清潔に使えるフィーチャーフォン「GRATINA KYF42」 という記事が。 2002 年に au ユーザーになって、A3014S → W21S → K011 と 3 台の端末を乗り継いで来ていますが(^_^;) 2022/3 末にとうとう 3G が終焉。 W21S の旧 800MHz 帯の停波の時に、K011 に乗り換えたのが 2012 年なので、 それから 10 年で終了だなぁって感じですねぇ。 フィーチャーフォン「GRATINA KYF42」を8月13日に発売する。価格は3万3000円。予約は8月3日10時から受け付ける。製造メーカーは京セラ。 二つ折りで物理キーが有る、電話の形をした電話。 というのを思ったら、8/13 新製品として発売なら 2022/3 頃にはこなれた感じになってるかと(^_^;) 通信規格が 4G 対応のようなので、今のプランからは変わりますねぇ。 ただ、iPhone で Web ブラウズやアプリとかは使用するので、 ガラケー側は通話が出来たら良いかな?って感じもしますねぇ。 キャリアメールはそのまま移行できるのは確認済なので、 それだけ生かすようにして従量制のパケット契約でも良いのかな?って気もしますねぇ。 (キャリアメールのアドレス知っているのは、数人ほどで基本は Gmail でやり取りしてるので) ああ、K011 をほぼ 10 年使いましたが、やはりまだ十字キーは使いづらいです。 慣れるレベルでは有りません。 未だに触っていると直感直視の操作とは違う動きをするのでやはり十字キーインターフェースはダメだと思ってます。 au が何を思ったかジョグ機とかを復活させたら、 ホイホイ乗り換えるんですけどねぇ(^_^;) まぁ、それは無いですかね。

新方式のVHS再生機を

 難易度相当高いと思いますが。 マイナビニュースに 新方式のVHS再生機を開発表明 カビが生えたVHSテープもダビング可能 という記事が。 既に各社共に製造が終了している VHS デッキですが、 新方式で読み取りが出来るものを作るそうなのですが。 ヘッドにテープを直接押し当てずに再生できる独自の仕組みを採用し、カビが発生していてもテープやヘッドを傷めずに再生できるという。テレビへの接続機能は持たず、直接microSDカードなどのデジタルメディアにダビングできる仕組みを採用する。商品名、価格は未定で、2026年度をめどに開発する。 VHS というか民生用の VTR は回転ヘッドを持ちヘリカルスキャン方式でビデオテープに記録されているもの。 これを、ヘッドに押し当てずに読み取るという新方式を作るって事なんですね。 2026 年度目処にって事は 5 年掛けて作るって事ですね。 既に何かのアイディアが有るのであれば良いのですが、 無からだと、 5 年ってあっという間のような気がするのですが。 VHS の場合、ヘリカルスキャンなのでビデオテープに対して斜めに記録がされているので、 リニアに記録されているわけでも無く。 Hi-Fi 音声に至っては深層記録されているので、 右チャンネル、左チャンネルときちんと読み出せる事が出来ますかね? 新方式のVHS再生機は、映像 / 音声出力端子は設けず、テレビにつないでの視聴は行えない。デジタルメディアへのダビングを主眼とし、本体に確認用の小型のディスプレイを設置する。ダビングは、数回のボタン操作で自動的にデジタル媒体へ行えるようにするという。 用途的には VHS をデジタルメディアに移行させるってコンセプトのものなので、 新しく録再するわけではないですが、 5 年後に VHS テープをデジタル移行したいというニーズがどれくらい残りますかね? 2000 年代初頭なら画期的と言われそうだと思いますが、 古い VHS が有る家は有ると思いますが、果たしてそれをデジタル化するニーズの市場が生まれるのかな?って気もするのですが。 まぁ、クラウドファンディングとかではなく、 アットアイディアって会社が自社開発で作るみたいですが、 技術的な難易度相当高いんじゃないかなぁって思いますねぇ。

「UQ mobile」の5G対応は

 9 月は「秋」の感覚なのですが。 ITMedia に 「UQ mobile」の5G対応は9月2日から 既存ユーザーでも契約変更可能(条件あり) という記事が。 先週末には近々って発表が有りましたが、 週開けていきなり発表になりましたね。 2021/9/2 より UQ Mobile ブランドで 5G 通信サービスが開始。 「今夏」って言ってたのに、9 月は「秋」な感覚なのですが(^_^;) 5G対応プランは「くりこしプラン +5G」という名称で提供されることになった。名称に「+(プラス)」が追加されたこと以外は、6月に発表された「くりこしプラン 5G」から内容は変わっておらず、「5G端末と4G LTE端末の共通プラン」という位置付けとなる。 docomo / au / SoftBank とかは、 5G 端末は 5G 契約で、4G 端末は 4G 契約って感じで別れてますが、 UQ のものは、5G / 4G どちらにも対応したプランって事ですね。 こうなっていると、端末ごとのプランが増えて、訳が分からない事にはならないですね。 契約する時には、5G 端末だろうが、4G 端末だろうが、 くりこしプラン +5G の契約で、SMLの何れかを選択ということですね。 iPhone 12 シリーズなら、くりこしプラン +5G の契約で 5G を使用。 iPhone SE(2Gen) なら、くりこしプラン +5G の契約で 4G を使用。 という事になりますね。 価格設定も、元々のくりこしプランと同価であるので、 5G だからの割高感も無いのは良いですね。 記事を読んでいて、ちょっとまだ不透明なのが、SIM カードの扱い。 当面の間はSIMカードの交換が必須となり、店舗(UQスポット、auショップ、au Style)や電話窓口(お客さまセンター)などで手続きが必要となる。 既存ユーザーが 9/2 に +5G にしようとすると SIM カード交換が必要になるのは、 設備側の問題なんですかね。 恐らく、iPhone 12 シリーズユーザーが +5G にしたい。って事になるともいますが、 当初は SIM カード交換必須なんですね。 11 月からは SIM カード交換無しで移行が可能になるようですが、それでも一部では SIM カード交換が必要になる場合も。 この辺り後日発表されるみたいですが

「UQとpovoの5G対応は近日中」

 8 月入ってからでしょうね。 いつものインプレスに 「UQとpovoの5G対応は近日中」、KDDI高橋社長が明らかに という記事が。 UQ は既に仕様発表済でしたが導入時期が今夏で、 povo は導入時期が今夏のみって発表でした。 「UQ mobileもpovoも、5Gに対応するのは心に決めたので対応していく。時期は、近日中にお知らせできるように準備を進めているが、方向性は間違いなく全て5G対応で、少なくともできるだけ早く対応していきたい。今しばらくお待ちいただきたい」 恐らく UQ はくりこしプランのユーザーはそのままスライドでくりこしプラン 5G じゃないのかな?って気もするんですが。 金額同じなので、対応端末使ったら 5G になりますよ。って感じで。 povo の方は、デジタルネイティブ世代向けなので、それなりの説明がある Web ページで告知みたいな感じなのかな。 「今夏」って事なら 8 月ですよねぇって思うんですよね。 これが 9 月だと夏じゃなくて、秋って感じがするので。 私は、現在もスマホプランR + WiMAX 割引を契約していて、 くりこしプランMと同価になっていますが、 さすがに 5G にはならないと思いますので、 くりこしプラン 5G の実施開始日、対象契約とかが発表されたら、 契約を見直すかどうかの検討をしたいと思います。

d払い、ポイント還元時期を

 そうそう、一週間前の決済ポイントが付いた時に??ってなるんですよね。 ITMedia に d払い、ポイント還元時期を即時通知へ 利便性改善でPayPayに追随 という記事が。 スマートフォン決済サービス「d払い」で、ポイントの獲得時期をd払いの利用直後に通知するよう、8月にもシステムを見直すことが分かった。 d 払いのアプリを利用して決済を行った時に、 d ポイントカード提携店だと即時にアプリのポイントが増えるのですが、 提携店では無く、d 払いを使った場合は支払いの原資を d カードからにしていると、 d カード内蔵の d ポイントカードのポイント付与が一週間後だったりするんですよね。 それと、期間限定ポイント付与の時とかは突然ポイントが付いて、 なんだコレ?ってなったりするんですよね。 私は、タッチレス決済で d ポイントカードのポイントが貯まるようにしかしていないので、 他の決済サービスが進んでいるのは知らなかったですねぇ。 PayPayがキャンペーンで獲得したポイントが付与される時期と還元額を決済直後にアプリ内で通知しているのに対し、d払いは通知していないため、キャンペーンを活用できたのか還元されるまで利用者に分かりにくいという欠点がある。 ああ、それは便利ですね。 それなら、きちんとキャンペーンの付与対象になったのか、付与されるのはいつ頃なのかが分かりますね。 ただ、d 払いってメルペイとコードが統合されていて、 元々メルペイだった店舗で支払うと、メルペイ決済って感じで表示されるタイミングがあるので、 システムの仕様変更はちょっと手間が掛かりそうですねぇ。 となると、8月頃には新しい d 払いアプリになりそうですね。

「Apple TV」アプリが

 アプリの話で、STB の Apple TV じゃないんですよね。 Phile Web に 「Apple TV」アプリがABEMA/Prime Video/dTVなど対応。横断検索が可能に という記事が。 Apple TV って元々は STB の呼称だったのに、 同名の動画視聴アプリを作るから、 STB の Apple TV ユーザーは混乱するんですよね。 対応するビデオサブスクリプションサービスは、ABEMA、Amazon Prime Video、FOD、dTV、Paravi、バンダイチャンネル、ビデオマーケット。今後はサービスを横断して、「検索」や「今すぐに観る」からコンテンツを見つけることができるようになる。 インデックスが Apple TV(アプリ) 上にあり、利用者はそれを確認。 見たい作品を選択したら、それぞれの視聴アプリが起動して視聴できるって事ですね。 これ、その作品の視聴が終わったら Apple TV(アプリ) に制御が戻るんですかね? 狙ったサービスの視聴アプリが起動して、そこで作品を見終わっても、 視聴アプリは次のおススメとかを表示するような気が? だとしたら、Apple TV(アプリ) には戻ってこないような気がするんですが。 Apple TV (アプリ) が各サブスクリプションサービスを取り込んだようにして再生して、 作品見終わったら、強制的に Apple TV(アプリ) に制御を戻さないと、 ユーザーは行ったっきりになりませんかね? で、私は動画配信サブスクリプションサービスを契約しているのは Netflix のみなので、 見る時には Apple TV(STB) で Netflix アプリ起動するだけですねぇ。 将来的にはサブスクリプションサービスの一元窓口みたいな共通プレーヤーとかが発表になって、 柔軟にサブスクリプションサービスが組み合わされるようになると、 もっと使いやすくなりそうですけどね。

“ソフトクリームを巻いて手渡す”ロボット

 確かに、毎回職人芸の仕上げですね。 ITMedia に “ソフトクリームを巻いて手渡す”ロボット実用化 人が触れずに提供 という記事が。 ソフトクリームって綺麗に巻くのって難しいと思うんですよね。 注文を受けるとディスペンサーからコーンを受け取り、アームを操ってきれいな形のソフトクリームを巻いて顧客に提供する。 記事に動画が有りますが、上手く巻きますね。 しかも毎回同じ形状を疲れ知らずで作れるのは、このあたりは流石って感じですねぇ。 顧客がタブレットで注文してキャッスレス決済すれば、注文から接客、商品提供まで無人で可能という。 確かに一切無人で作業できるとなると昨今の状況を見ても、 理にかなってる気もしますね。 これ、動物や恐竜のキャラクターのように見えますが、 要は工業用ロボットが腕の動きをトレースしてるって事ですよね。 工業用ロボットは一般では見かけることが少ないですが、 同じ事を繰り返しという用途なら、これほど心強いものはないですね。 そう思うと、ロボットが人間の仕事を奪うっていうのは、 ひょっとしてすぐ目の前に来てるのかな?って気もしますねぇ。

オロナミンC、ラベルレスで

 瓶もなんだ。 いつものインプレスに オロナミンC、ラベルレスで登場。箱入り専売 という記事が。 オロナミンCのラベルは紙ラベルがノリで貼り付けているように思ったのですが、 簡単には外れないですよね? 日本ではガラスびんの紙ラベルを剥がさずにリサイクルが可能。一方、ラベルを剥がしやすくしてほしいという声が増えていることから、ケース販売の専売品としてラベルレス製品をラインナップすることになった。小びんドリンクでのラベルレス製品は日本初としている。 ガラス瓶のリサイクルって、ビール瓶とかと同じで洗浄、高温消毒とかですかね? 通常だと、オロナミンCのラベルは紙がビリビリに破れて剥がせないって感じでは有りますが、 洗浄の時にラベルって剥がれるんだろうか?と思ってしまいました。 仕様的には、30 本入のケース販売時のようで、 10 本パックや、バラ売りのものはそのままのようですね。 この辺りは、ベットボトルのラベルレス製品と同様の扱いのようにも思いますね。 現状では、ラベルレス製品はケース側にパッケージ印刷で凌いでるって感じですが、 将来的に市民権を得たら、ラベルが無いのが当たり前とかになるかもですねぇ。

Visa、新たな

 ブランドシンボルはどこかの国旗?って思われると思うのですが。 いつものインプレスに Visa、新たなブランドロゴを発表 という記事が。 私も使っている VISA ブランドのカード。 ブランドロゴが新しくなったのですが。 新たなロゴは、ブランドデザイン会社Muchoとのパートナーシップで誕生。デジタルインパクトを狙った新鮮な色使いや、デジタルエクスペリエンスを最適化するためのカスタムフォント、組織を支える目的を表現した新しいブランドシンボルなどが特徴となる。 今回から、ブランドマークとブランドシンボルに分かれるようなのですが、 ブランドマークは、2014 年から使っている VISA のマークがまんま踏襲されていますかね。 対してブランドシンボルというのが出来て、2005 年になる時に無くなった上青、中央白、下金のストライプ地だそうで。 ブランドマークの変遷を見ると、 最初は色で見せる感じだったのが 1977 年以降 VISA のロゴが段々と大きくなって行き、 2005 年で上下の帯が無くなっているので 16 年ぶりに以前のイメージ「も」復活って感じですかね。 ただ、VISA って既に VISA のロゴで認知が相当高いので、 ブランドシンボルの方は昔の VISA を知っている人には馴染みが有るけど、 ここ 20 年位しか知らない人は、何あれ?って思われそうな気もするのですが。 こうやってブランドマークの遷移みると、 VISA って結構頻繁にマーク変えてるんですねぇ。

スマホユーザーが最も利用する

 私は外れますね(^_^;) ITMedia に スマホユーザーが最も利用するポイントサービスは「楽天ポイント」 ドコモのみ「dポイント」が優勢 という記事が。 ○○ペイと同じで、○○ポイントというのも沢山有りますよね。 ポイントサービスの利用状況は楽天ポイントが上位を占め、全体では42.4%、楽天モバイルでは72.8%となった。 携帯電話と連携してポイントが貯まるので、 確かにそれぞれのキャリア及びその関連会社が運営しているポイントサービスの比率が高くなるのは分かりますね。 記事に各キャリア別の利用ポイントの表が有りますが、 楽天ポイント強しって感じですねぇ。 ドコモだけ d ポイントですが、それでも 2 位の楽天ポイントで 31.5% なので占有率ならソフトバンクを超えてたり。 私は、自分の購買している中でポイントの融通のしやすさを考えて au (ガラケー) / UQ (スマートフォン) であるのにも関わらず、 d ポイントをメインで使ってます。 キャッシュレスのコード払い決済で、ファミペイ / d 払いを併用していると、 どちらも登録できて、ポイントが貯まるのは d ポイントだったり。 そうなると、その他で T / R / d のどれでもポイント還元される物があっても、 ファミペイ / d 払いで d ポイントを選択しているので、そうなるとやはり集約してしまうかなぁと。 現状で、○○ペイも群雄割拠ですが、ポイントサービスもいろんな業種が入り乱れてる部分もありますね。 この辺りも統一化されると色々融通が効くのになって思うんですけどねぇ。

Netflix、会員向けに

 勝算有るんだろうか? engadget 日本版に Netflix、会員向けに無料でゲーム提供を公式発表。まずはモバイル向けから という記事が。 私も利用している動画配信サービスの Netflix ですが、 会員向けにゲームを提供なんだそうです。 Netflixは、主にスマートフォンやタブレットなどモバイル機器向けのゲームに注力する予定であり、それらゲームは有料会員には無料で提供されるということです。 Stadia の失速を見る限り、コンソールを利用せずにクラウドゲームという方式は現実的では無いと思われるので、 モバイル機器向けの無料アプリを提供するという方針であればまだ目が有るのかな?って気もしますね。 ただ、それが Netflix の契約をしているから。という意味付けになるのだろうか?って気もするのですが。 動画配信とゲームが結び付かないんですよね。 具体的にNetflixがいつモバイルゲームの展開を開始する予定なのか、それらのゲームがどのように配信されるのかについては、何一つとして発表されていません。Android向けには複数のゲームをまとめて遊べるアプリを配信する一方で、iOS向けにはブラウザ経由で提供するのが落とし所かもしれません。 そうですねぇ。 Android なら自由度は高いと思いますが、iOS は Apple も似た感じの戦略をしていますから、 iOS はブラウザベースでというのは納得できますね。 ただ、昔のブラウザ上で実行されるゲームと比較して HTML5 ベースのものは 表現力やインターフェースで以前とは違うので、 それなりに遊べるのかもですねぇ。 ただ、これでゲームしたいから Netflix に契約する。っていう思惑が成り立つのかな?って気もするのですが。 果たしてサービスが始まった後勝算が有るのかどうなのかは自ずと分かる所ですかね。 私は、そこのコストはオリジナル作品を作る方に回した方が良いんじゃないかな?って思うのですが。

ソニー、4本で12個の仮想スピーカーを

 予想を超えて大きかった(^_^;) いつものインプレスに ソニー、4本で12個の仮想スピーカーを生み出す新感覚サラウンド >という記事が。 サラウンドって最初はドルビーサラウンドって言うのが始まりだったような。 4本のワイヤレススピーカーを部屋に配置する事で、壁や天井での音の反射を利用し、12個のファントムスピーカーを生成、サラウンド空間を作り出す新機軸の製品「HT-A9」を8月7日に発売する。 最近はドルビー ATMOS とかのオブジェクトオーディオって考え方のものが有って、 スピーカーは増える一方ですが、この製品は 4 個のスピーカーで 12 個のスピーカーが存在するようにして音場を生成するんですね。 記事にファントムスピーカー生成の概念図が載ってますが、 4 個でここまでの方向に音を出すのはどうするんだ?と思ってたら仕掛けがあるんですね。 4本のスピーカーには、正面に向けてツイーターとフルレンジユニットを内蔵。さらに、天面に、斜め上に向けてイネーブルドスピーカーを搭載。独自のモノポールシンセシス技術と、音場最適化技術を使うことで、壁や天井に音を反射させ、12個のファントムスピーカーを生み出し、理想的なサラウンド空間を作り出せるという。 上面にイネーブルドスピーカー内蔵してるんですね。 だから上方へ向かっての音が出て音場空間を作り出せるって事ですか。 コントロールボックスでそれぞれのスピーカー音を解析して理想的な鳴り方をコントロール。 となると、音場生成用に無指向性マイクも付属しているのかな? 複数個のスピーカーで音場を作るっていうのは、 ヤマハ YSP シリーズも似た感じだと思いますが、あれは正面からの音の飛ぶ向きと反射を計算していましたが、 このソニーの製品は前と後ろに物理的にスピーカーが有ることで、 後ろからの回り込みの演算はもっと緻密に出来るようになったかもですね。 で、驚いたのがスピーカーサイズ。 記事最初にコントロールボックスと 4 個のスピーカーが並んでいる写真は、 高さが 10 cm 位の製品なのかな? でもそうなら 22 万とかって高いような?って思ったのですが、 人間がスピーカーを一本持っている写真を見て、大きいんかい!ってツッコんでしまいました(^_^;) 各スピーカー間はワイヤレス伝送。 唯一のケーブルは電源ケーブルのみ。 サラウ

HDMI信号をワイヤレスで

 遅延ってどれくらいなんだろう? マイナビニュースに HDMI信号をワイヤレスで最大15m飛ばせるHDMIエクステンダー という記事が。 モニタ/テレビへ接続するものは HDMI で。というのが基本になりましたね。 ただ、HDMI のバージョンで写せる最大解像度とかが変わるのはケーブル見ただけで判断出来るかな? VGA-EXWHD9は、HDMI信号を最大15m先まで飛ばせるワイヤレスHDMIエクステンダーの送受信機セット。送信機をHDMI出力が可能なPCやカメラなどに接続し、受信機をディスプレイやプロジェクターに接続して使用する。 これ、HDMI ケーブルを接続しなくても双方(送信・受信)で HDMI 端子を接続しておくと、 間をワイヤレスでデータ伝送してくれるものですね。 プレゼンとかで、プロジェクターまでの距離が微妙で長い HDMI ケーブル引き回す事を思ったら、 この製品使って自由な位置から映像出力って言うのはアリだよなぁって思いますねぇ。 製品はペアリングして出荷されるようで、 購入後本当に HDMI ケーブル接続するみたいにしてワイヤレス接続出来るって感じですねぇ。 電源はUSBポートから供給し、対応解像度は1,920×1,080ピクセル。 対応解像度が 1920 x 1080 なのでフル HD 対応製品ですね。 記事のような PC からの映像出力のケーブル引き回しを軽減する事を目的としているようなので、 ゲーム機みたいなのを接続して、映像流したら遅延が気になるなぁって感じにもなりそうですね。 高速伝送が実現出来るのなら、 HDMI ハブの出力に送り出し側、モニタ/テレビの入力に受信側とかなら、 ケーブル引き回すのがすごくラクになると思いますねぇ。

「6年解けなかった構造があっさり」

 Folding@home でも利用出来ませんかね。 ITMedia に 「6年解けなかった構造があっさり」──タンパク質の“形”を予測する「AlphaFold2」の衝撃 GitHubで公開、誰でも利用可能に という記事が。 タンパク質の折り畳み研究って、演算するのにすごく時間が掛かりますよね。 それが AI の力で相当変わるみたいですね。 タンパク質が複雑な立体構造になっているためだ。タンパク質のアミノ酸配列は折りたたまれ、立体的な構造を取る。この折りたたまれた構造を特定するには、数カ月から数年の時間がかかり、多額のコストもかかるという。これがタンパク質の研究のボトルネックになっており、「タンパク質折りたたみ問題」として50年以上、生物学の課題とされてきた。 ですよね。 コンピューター使っても時間が相当掛かり、 スパコン利用でもやはり時間が。 分散処理の Folding@home で PS3 がクライアントアプリ提供して過去に目覚ましい実績を上げた事も有りましたが、 それでもまだまだ沢山の配列が有るんですね。 記事に載っているタンパク質構造予測の精度を競うイベントのグラフ、 ALPHAFOLD と書かれているのってたしかに恐ろしいスコアですね。 ただし、AlphaFoldを利用するには428GBのファイルをダウンロードする必要があり、解凍後のファイル容量は2.2TBにもなるため、利用にはそれなりの保存容量や計算スペックを持ったPCが必要になる。 この性能を出すための容量と考えたらそうなるのかな?って感じの容量ですね。 ただ、最近のハイエンドマシンとかなら全然平気位のような気も。 GitHub 見てきましたが、GitHub にもダウンロードは 428GB で解答したら 2.2TB になるよ。って書いてますね。 これ、オープンソースで誰でもソースコードを見れたり、実行できたりするようになったので、 Folding@home でも利用出来るようになりませんかね。 PS3 がクライアント環境から外れたとは言え、 まだ分散処理に参加している PC は多くいるので、 タンパク質の折りたたみ問題をもっと進めれそうな気もするんですが。

ドコモ、d払いアプリが

 最近キャッシュレスアプリの不具合多いように思ったりするのですが。 いつものインプレスに ドコモ、d払いアプリが起動しない場合などの復旧方法を案内 という記事が。 キャッシュレス決済は流石に普通になったかぁって感じですが、 不具合出ることも割とありますよねぇ。 d払いアプリのバージョン 5.0.0を利用している一部のユーザー。アプリ起動時に「KP16001」というエラーが表示され、正常に起動できない場合がある。 バージョンが上がった時に、新しい機能を追加したりして何らかの不整合が?って感じにも思いますが、 Andrid 版 / iOS 版共にエラーが発生する場合が有るって事なので、 共通の処理部分なのかな?って思ったり。 私もコード決済は、ファミペイと d 払いを併用してたりするのですが、 d 払いアプリ確認したら、バージョン 4.4.0 でした。 特に 5.0.0 への案内とかの表示は出てなかったのですが、 一部ユーザー向けに先行配信だったのかな?と思ったりもしますねぇ。 iOS 版はアプリ終わらせて再起動か、画面再読み込みで治るみたいですが、 Android 版はアンインストール / インストールで改善みたいで、 何かが引っかかってるんでしょうねぇ。 インフラになるためには安定性を求められるので、 色々機能付け足したりするのは良いですが、使えないのは困りますよねぇ。

三菱 UFJ ニコスからのお知らせ

 簡易書留で送られて来るって、なんだろう? 三菱 UFJ ニコスからの封書が届きました。 恐らく、MUFG カードが 三菱 UFJ カードに変わるから宜しくね。 って感じかな?って思ったのですが、 それでも簡易書留で送ってくるのはなんだろう?って感じでした。 開封をしてみると、なるほどって感じで。 クレジットカードのセキュリティ強化したものにするんだけど、 ついては現在のカードの有効期限でカード更新じゃなくて、 新しいカードを再発行するからね。って通知でした。 カード番号を確認したら、 MUFG プラチナ アメリカン・エキスプレス・カードのもの。 今のカードの有効期限が 2022/12 なので、まだ先だなあって感じでいました。 今回の更新は、できるだけ速やかに新しいカードへの変更を目指すって事なんですねぇ。 2021/8/6 以降順次発送するって記載してあったので、 来月半ばとかには新しいカードに切り替わってるかもですね。 でも、アメリカン・エキスプレス・カードなので、 アメリカン・エキスプレス コンタクトレスは使えなかったりなんですけどねぇ。

「Windows 365」はWebブラウザで

 リモートデスクトップだと、スマートフォン、タブレットで敷居が高いからかな? ITMedia に 「Windows 365」はWebブラウザで使えるWindows 10/11 Microsoftが8月2日に提供開始 という記事が。 突然発表になった、Windows サブスクリプションサービスモデルの Windows 365 クラウドなのは想定通りですが、リモートデスクトップじゃなくてブラウザ上で利用なんですね。 Mac、iPad、Android、Linuxなど(iPhoneとChrome OSは明示されていない)のWebブラウザで「Windows 10」と(リリース後の)「Windows 11」の機能を使える企業向けの新サブスクリプションサービスだ。8月2日に日本を含む世界で提供を開始する。 そりゃぁ、ブラウザ上で使えるのならホスト OS は関係無いですよね。 おそらく HTML5 対応ブラウザがあれば、 画面を持つスマートデバイスで稼働可能じゃないかと。 キーボード・マウスが接続できるスマートテレビが有ったら、 大画面で Windows をって感じになったり(^_^;) ユーザーは任意の端末のWebブラウザからログインすることで「インスタントオンブート」し、複数の端末で同じアプリ、ツール、データ、設定を利用できる。端末を切り替えてもクラウドPCの状態は変わらないので、中断したところから別の端末で作業を開始できる。 そりゃそうでしょ。 手元のブラウザは表示しているだけで実際の Windows 10/11 はマイクロソフトのクラウド Azure 上で実行しているんですから。 そうなると、利用者は手元の機器が高速処理出来る必要は無いって事になりますねぇ。 必要なのは、回線と一定サイズのモニタのみ。って事に。 ブラウザ上の表示、別のサイトではフル HD の動画が送り返されてくるみたいな、 本当?って感じの記事も有りましたが、 恐らくは HTML5 上で実行されるリモート接続ツールが取り仕切るんだろうなぁと。 これ、8/2 から提供開始なんですが、ビジネス向けのみなんですかね。 価格にもよりますが、個人ユーザー向けで低価格で提供とかしてもらえるのであれば、 利用してみたいなぁって思ったりもするのですが。 果たして?

『究極タイガーヘリ』が

 東亜の作品が形になり始めましたね。 ファミ通 .com に 『究極タイガーヘリ』が10月28日に発売決定。東亜プランの代表作『究極タイガー』や元祖東亜STG『タイガーヘリ』などを収録。家庭用への移植作も網羅 という記事が。 東亜プランの作品はほぼ全て移植することになっているエムツーですが、 タイトーブランドで発売された究極タイガー、タイガーヘリの移植ですね。 『究極タイガーヘリ』が10月28日に発売されることが明らかにされた。対応プラットフォームはプレイステーション4とNintendo Switch プラットフォームとして、PS4 / Switch であれば国内ニーズはほぼ満たせると思いますね。 で、今回パッケージとダウンロードで色々違う状態での販売ですね。 ダウンロード版 3,960 円(税込) ・究極 TIGER AC ・究極 TIGER 2P 版 ・タイガーヘリ AC ・TWIN COBRA ダウンロードコンテンツ 1,980 円(税込) ・究極 TIGER PCEngine ・究極 TIGER メガドライブ ・究極 TIGER FC ・タイガーヘリ FC ・TWIN COBRA Genesis ・TWIN COBRA NES ・TIGER HELI NES ・ゲットスター ・GUARDIAN パッケージ版 7,480 円(税込) ダウンロード版+ダウンロードコンテンツ の構成ですね。 アーケード版の 究極 TIGER / タイガーヘリ のみが至高というのなら、ダウンロード版かな。 幅広くアーケードも家庭用もと思ったらパッケージ版かな。 と思いますねぇ。 ただ、究極タイガーII は東亜プランじゃなくて、タクミコーポレーションの開発なので、 東亜の作品を。というのからは外れるんですかね。 今回口火を切って究極タイガーヘリが発売になりましたが、 鮫、達人(王)も順次移植されるのが期待ですねぇ。

Apple、純正の

 サードパーティ製には無い Apple ロゴ(^_^;) マイナビニュースに Apple、純正の「MagSafeバッテリーパック」発売、iPhone 12シリーズ用 という記事が。 MagSafe 搭載の iPhone 用ワイヤレス充電バッテリーパック。 既にサードパーティが同様の製品を投入していますが、今回は Apple 純正ですね。 対応モデルは、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12 mini、iPhone 12。 これ、他の記事とかだと、12 / 12Pro って書いてあって、 12 / 12 Pro はガワのサイズが同じなので、 Pro Max / mini には対応しないのかな?って思ってましたが、そうじゃないんですね。 自宅では MagSafe ワイヤレス充電使っているのに、 外ではモバイルバッテリーを有線接続している人にはワイヤレスで完結するので良いかもですね。 最新のiOSは14.6だが、サポートページによるとMagSafeバッテリーパックの利用にはiOS 14.7以上が必要であり、出荷に合わせて近日中にiOSのアップデートの提供がありそうだ。 iOS 14.7 じゃないと利用できないのに、既に販売開始になっているという事は、 出荷日目安なら数日中に 14.7 が提供開始って読めますね。 私は一日の内バッテリー不足で困ることは無いので、 特には。って感じですがヘビーユーザーの方には純正の安心感を得られますね。

iPad上でWindows 3.1を

 という事は 95 は無理って事ですかね。 engadget 日本版に iPad上でWindows 3.1を動かす方法が発見。サードパーティ製アプリも動作 という記事が。 95 を知った上で 3.1 を見ると、この間の進化はオーパーツだよなぁって感じること多いんですよねぇ。 iOSやiPadOS上で昔のDOS用ゲームがプレイできる「iDOS 2」というアプリを使うというもの。本来Windowsを動かすために作られたわけではありませんが、Windows 3.1はMS-DOSからインストールできるため「DOSアプリのひとつ」として可能になっている模様です。 確かに、Windows 3.1 はまず DOS が起動して、 その DOS の上で動くアプリだから稼働できるって事ですかね。 現状で、3.1 を手に入れる方法って、 MSDN メンバーになって ISO をダウンロードしてくるって事ですかね。 それ以外は。オークションとかで出回ってるのを手に入れるとかですが、 流石に Windows 3.1 なんてものは出回って無いように思うのですが。 記事では、ソリティアやマインスイーパとかが iPad 上で動いてるのが載ってますが、 マルチウィンドウシステムとして思った時に、 果たして Windows 3.1 はダメ過ぎるようにも思うのですが(^_^;) まぁ、マルチウィンドウシステムの雰囲気って事ならですが、 ファイルマネージャとかプログラムマネージャとか、混乱すると思うんですよねぇ。 iPad OS は MacOS のサブセットなんだから、 停止している機能を開放したら、Mac 同等の動作をしそうなんですけどねぇ。 (特に M1 iPad は)

Windows 11更新後に

 Windows 1x 21H2 ならそうでしょ。 engadget 日本版に Windows 11更新後にWindows 10に戻せる猶予期間は10日間だけと判明 という記事が。 10 → 8 は流石に色々変わりましたが、 その後の 17xx , 18xx , 19xx とかを経る途中に 10 日に短縮しましたよね。 復旧用の「windows.old」フォルダが自動的に削除されることを意味していると思われます。現行のWindows 10にも「前のバージョンのWindows 10に戻す」(「設定」>「更新とセキュリティ」>「回復」から)機能があり、バックアップデータが保存されている同フォルダが更新から10日後に自動削除される仕様となっています。 うん。 21H2 → 21H1 へのロールバックという意味なら、 Windows 10 のロールバック期間の 10 日の動作で一本筋が通ってると。 11 → 10 が 10 → 8 に当てはまらない。 というのなら、Windows 10 の途中でロールバック日数をシレッと 30 日 → 10 日に変更した時にもっと騒がないとダメでしょ。 事務的に 10 日に短縮されました。 という IT サイトばっかりでしたよ? それに対する批判は見なかったように思います。 今回の Windows 11 は結局 10 の 21H1 の次バージョン 21H2 であり。 その時に、セキュリティチップなどの制限を強くするために、 Windows 10 のブランディングだと今までと齟齬が生じるので、 Windows 11 へリブランディングして、古い PC は動作対象外にした。 って感じじゃないですかね。 なので、 21H2 → H21H1 へのロールバックが 10 日っていうのは、 まぁそうでしょう。って感じですねぇ。 それと、今回はバージョンアップの敷居が妙に高いので、 クリーンインストールからが正義な気がします。 そうなった時に、メーカー製のディスクイメージ復元タイプで、 ドライバ込で復元する PC は Windows 11 への移行はハードルが高くなるようにも思ったり。 まぁ、数年以内なら TPM 2.0 / EUFI / DirectX12 とかは標準でそうなってるので、 10 → 11 は支障無いようにも思いますけどね。 ア

「MUFGカード」リニューアルの

 NICOS は別途で新規申し込み要なのね。 所用の確認のためニコスのマイページへログオンしたら、 カードリニューアルのお知らせバナーが表示されていました。 現在メインで使っているクレジットカードは、 NICOS ゴールドと、MUFG プラチナ アメリカン・エキスプレスの二種。 どちらも三菱 UFJ ニコスなのですが、 元々の素性が信販系のニコスと銀行系の UFJ と合体しているので、 各ブランド間の融通があれ?って感じだったり、 ニコスは既存ユーザーはそのままですが、新規での申込は停止してたり(提携カードは発行中) 少し微妙な関係だったり。 そして、カードリニューアルのお知らせバナーを確認したら、 NICOS ゴールドならは、三菱 UFJ カード ゴールドが同様クラスと紹介されているのですが、 そこには、「切り替えではなく、新規の申込が必要。カード発行後ニコスカードは解約してね」 と記載が有りました。 それは、移行ではなくて完全に乗り換えですよねぇ。 当然ですが新規申込なので与信チェック有りですね。 まぁ、現状で与信チェックが通らない事は無いですが、何だかなぁって感じがします。 もう一つの MUFG プラチナ アメリカン・エキスプレスの方は、 元々 MUFG カードの一種なので、こちらは手厚く移行が実施されるんですねぇ。 「MUFGカード」リニューアルのご案内 のページが用意されていて、 既存カードは、有効期限更新やカード再発行で新カードに切り替えと記載。 今回の三菱 UFJ カードのリニューアルは MUFG ブランドのみが対象って事ですね。 なので、Visa タッチ、MasterCard コンタクトレスに対応するのは三菱 UFJ カードへ切り替えた VISA/MasterCard が対象で、 ニコス VISA とかは Visa タッチにはならないって事ですね。 Apple Pay の登録もニコス VISA は、Wallet 上で QUICPay の表示なのはこのままですかね。 MUFG プラチナ アメリカン・エキスプレスの券面変更案内 を見ると、 今まで全て大文字だった英語が小文字混じりに変更されていて、 柔らかい感じも受けますね。 正面は名前とセキュリティコード、裏面はカード番号と有効期限。 以前は正面に名前とカード番号と有効期限とセキュリティコードと sin

Windows 11の新機能、今後数カ月で

 特にイラナイですが。 マイナビニュースに Windows 11の新機能、今後数カ月で提供予定 - Microsoft という記事が。 果たして過去ハードを相当数切り捨てる 11 ですが、 どこまで市民権を得ますかね。 Windows 11を試した開発者やアドバンスドユーザーの多くが、思いのほかWindows 10とWindows 11の違いが少ないと感じたのではないだろうか。 思いの外というより、UI 変更のみでほぼ変わってないよね?って感じでした。 ただ、そこここに何か「カッコイイだろ?」って言ってる感じのイメージを受ける感じはしましたが。 Microsoftは2021年7月8日、Twitterにおいて、ユーザーのツイートに答える形で、「we'll be rolling out more and more features of Windows 11 Insider build in the next months (今後数カ月のうちに、Windows 11 Insider Buildにより多くの機能を提供する予定です)」と発表した。 いやぁ、確かに Windows 上で Android アプリが稼働できるって有りますが、 タッチインターフェースアプリの Android のものを、 デスクトップインターフェースへ回帰した 11 でまともに使えると思えないんですが。 その他追加になるよと言われてもねぇ。 OS って言うのは裏方に徹しして、 ユーザーにあれしろこれしろ、あれが便利になったこれが便利になった。 時間になったけど会議じゃないのか?探しものは何だ? みたいなおせっかいをしないのが本来だと思うのですが。 その辺りはコンシェルジュ的なアプリが担うものじゃないですかね? OS に組み込む必要有りますかね?

象印、70~80年代の花柄を

 懐かしい。花化粧のタイプは自宅に有りました。 いつものインプレスに 象印、70~80年代の花柄を復刻したステンレスマグとガラスマホービン という記事が。 70 年代~ 80 年代初頭の魔法瓶とか炊飯器って花のプリントがしてあったのを覚えてます。 自宅にも、花柄の付いた魔法瓶とか炊飯器有りました。 ロゴマークも、発売した時代のロゴを再現した。 ロゴマークって一度変わると、以前のものを復刻で利用するのは結構大変だと思うのですが、 今回の企画に合わせて復刻って事なんですね。 とは言え、花化粧は 1970 年登場なので、2 つ前のロゴは 1974 年から使用なので、 ここだけはロゴが異なってるって事ですかね。 調べて見ると、当時(1961 ~ 1974) までのロゴは象のデザインはあまり変わっていないのですが、 ZOJIRUSHI のローマ字表記じゃなくて感じで象印と書いてあったんですね。 流石に 2 つも旧ロゴを使ったので、3 つは難しかったのかもですね。 外観のプリントはレトロ復活ですが、 性能が現在の性能なので、21 世紀の性能を感じれますかね。 価格が、ステンレスマグが 3,850 円で、 ガラスマホービンが 3,300 円。 何か思ったよりリーズナブルなんですね。 で、よく記事読むと昨年 2020 年 11 月から直販 EC サイトで限定商品として販売しているんですね。 それなら、発売日まだかなぁって思わなくて良いですね。

任天堂、新型スイッチには

 追加バリエーションって事なんですね。 engadget 日本版に 任天堂、新型スイッチには「新しいCPUもRAM増量もない」と公式声明 という記事が。 突然発表になった Nintendo Switch( 有機 EL モデル )ですが、 仕様上の大きな変更はまさに有機 EL ですね。 海外メディアVGCが問い合わせたところ、任天堂が公式に「内部的に大きな変更はない」との声明を出したと伝えられています。 変更点は、 内蔵ディスプレイが、液晶→有機 EL 内蔵ストレージが、32GB → 64GB 背面スタンド形状変更 内蔵スピーカー変更 あたりで、内部の変更はされていないって事なんですね。 今回のモデルは、外に持って出る層への訴求かなぁって感じもしてます。 晴天昼間に液晶って輝度最大にしててもまるで見えない事になりますが、 これが有機 EL ならコントラストが高いのできちんと見える。 そのための採用って気もします。 ストレージ容量は初期型から数えて 4 年経過で単純に大容量品のコストが下がったようにも。 スピーカーと裏面スタンドはユーザーの声を反映しての変更。 そんな感じにも思いますねぇ。 噂ではドック使用で 4K とか新 GPU とかって有りましたが、 以前に任天堂が上位モデルの予定は無いって言ってた通り、 今回は追加バリエーションって位置づけじゃないのかなぁって思います。 今までになかった白ジョイコン、白ドックのカラーリングで、 既存の Switch にも接続可能なので、単品売りして欲しいって声は大きく出そうな気もしますけどね。

プチプチが進化!

無限○○じゃないんだ。 ITMedia に プチプチが進化! 手でスパッと切れる「スパスパ」誕生 という記事が。 プチプチことエアキャップですが、 切断にはハサミやカッターナイフ等の鋭利な刃物が必要でした。 梱包材「プチプチ」を開発する川上産業は、手で簡単に切れる新プチプチ「スパスパ」を開発した。気泡が四角い形状で、ハサミ不要でまっすぐ切れるという。「もちろんプチップチッと手でつぶして楽しめます」とのことだ。 気泡が○→□となり、直線状に配列された状態になっていて、 手で裂くことが可能。 記事では、気泡の隙間を縫って綺麗に裂けてますね。 2×4スパごとに太い溝があり、手で切り込みを入れて割くとスパッと切れる。従来のプチプチと同様梱包時に破れることもなく、開梱時も手で切って開けられるという 開梱の時にも、刃物が必要な既存品に対して手で切れるのは良いですねぇ。 結構開封時ってイライラしてたりするので(^_^;) まず直販 EC サイトでテスト販売みたいな感じですかね? その上で売れ行きとかを確認して順次既存商品と入れ替えみたいな感じなんだろうか。 数年前に会社が引っ越しをした時に、 ラックマウントサーバーからサーバを取り外して運搬ということが有りました。 サーバ運送専門の会社に依頼したのですが、 ラックマウントサーバーから取り外したサーバーは、 ロールで巻かれたエアキャップに包まれ運搬箱の中へ。 箱の中にはエアキャップがZ字を描くように折り曲げながら間にサーバが数台収まって収納という、 個別包装じゃなく箱単位のエアキャップ使い(その時は 5m 単位位でロールから引き出されました) は目からウロコでした。 このスパスパも四角いが故に、無駄な角度が発生しない使い方が出来そうな気がしますね。

TOTO、ふたが閉まった後に

確かに現行型は、蓋が開いてて洗浄ですからね。 いつものインプレスに TOTO、ふたが閉まった後に自動洗浄する便器 という記事が。 TOTO のウォシュレット付きトイレは何世代か乗り継いで居て、 現在は、2021 年製のネオレスト AH を使ってます。 便ふたが閉まった後に便器洗浄する機能を追加して8月2日に発売する。 確かにコンビニとかのトレイに入ると、「感染症対策の為に流す前に蓋を閉じて」って書いているのを見かけた事ありますが、 自宅のトイレもそういう事を実現するって事なんですね。 ネオレストAH/RHは、便器に人が近づくとライトを点灯し、自動で便ふたを開き暖房便座をオンにする。便器から離れると自動で便ふたを閉じて、ライトや暖房便座をオフにする。 現行モデルのネオレスト AH の動作は、 便器に人が近づくとライトを点灯  ↓ 自動で便ふたを開き暖房便座をオン  ↓ 便器から離れると洗浄を開始(*1)  ↓ ライトが点灯してノズル洗浄開始  ↓ 自動で蓋が閉じる(*2)  ↓ ライト、暖房便座オフ の動作をするので、 新型は、(*1) と (*2) が入れ替わった動作ですね。 ただ、蓋が閉じた後だとライト点灯してのノズル洗浄は意味が無いので、 ライト消灯でのノズル洗浄かもですね。 トイレ、どこまでハイテクになるんだ?って感じですねぇ(^_^;)

Wi-Fiルーターは「たまに再起動」が

やっぱり電気製品ですからね。 PhileWeb に Wi-Fiルーターは「たまに再起動」がおすすめ。その適切なタイミングとは? という記事が。 私は半年に一回くらいですかねぇ。 メンテナンスが必要になる場面としては、ルーターに接続する機器を入れ替えたときが挙げられます。 最近の機器は DHCP で接続するたびにリース時間超過していたら IP 振りなおされますが、 この動作での不調は気にしなくて良いって事ですかね。 通常、ARPキャッシュはシステムが一定間隔で更新しますが、なんらかの原因で更新に失敗すると、確実に接続されているはずなのに通信できないといった問題が生じます。 ああ、ありますね。 接続完了って出てるのに通信不可状態になり、 何で?って思うことありますねぇ。 まぁ、そうなると手っ取り早くルーター再起動はお約束なので、 そういった意味では記事の通りですねぇ。

「三菱UFJカード」登場。

ナンバーレスにはなからなかったんですね。 いつものインプレスに 「三菱UFJカード」登場。新デザインでタッチ決済対応 という記事が。 予告されていたリブランディング、新券面の三菱 UFJ カードが登場ですね。 カードは「三菱UFJカード」「三菱UFJカード ゴールドプレステージ」「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」の3種類。 今までの MUFG ブランドを 三菱 UFJ に置き換えですね。 私はこの中だと MUFG カード プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード を使っているので、 そのまま、三菱 UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード に移行されるのかな? 国際ブランドは、三菱UFJカードとゴールドがMastercardとVisa、JCB、American Express。プラチナはAmerican Expressのみ。タッチ決済は、MastercardとVisaのみの対応となる。 タッチ決済は VISA と MasterCard のみですか。 JCB コンタクトレス / American Express コンタクトレスもそれぞれ有るんですから、 搭載してほしかったなぁって感じですねぇ。 券面は全て裏面にカード番号と有効期限が移動していますが、 ナンバーレスまでは行かなかったみたいですねぇ。 まぁ、ナンバーレスとかにするとカード番号はアプリ確認って事になるので、 カード単体での確認が出来なくなるから残した可能性も有るのかな?って気もしました。 私のカードの券面刻印見ると、有効期限が 2022/12 なので新しくなるのは 1 年半後ですね。 それまでには、iPhone の Wallet に登録できるようになってくれると嬉しいのですが。

マクドナルドで

国内での Visa タッチを普及させる施策ですかね。 engadget 日本版に マクドナルドで「VisaのApple Pay」を使うと20%還元、7月1日〜21日実施 という記事が。 Visa の Apple Pay だと使い慣れている人は分かると思いますが、 そうじゃない人は?ってなると思うんですが。 Visa Apple Pay を通じたマクドナルドの公式アプリまたはウェブサイトのモバイルオーダーでの決済取引、およびマクドナルド店頭における Visa Apple Pay でのタッチ決済取引です。 ね。最初に見たら Visa Apple Pay って有るの? Apple Pay は Apple Pay じゃないの? Visa カード?って感じになりそうなんですが。 記事の写真で、iPhone をリーダーに近づけて Wallet 画面が VISA になっているのでVISA 決済ですが、 日本での VISA 登録には癖があるので、店頭決済時には事前準備が。 カード準備 1. VISA カードを作る 2. Wallet へ VISA カードを登録して券面右下に VISA 表示が出るのを確認 ※ここで、VISA と表示されずに QUICPay 表示が出たら今回のは出来ないんですよね。 決済時 A. 店員さんに「VISA で」という B-1. iPhone のサイドボタンダブルクリックで顔認証クリアして Wallet 起動 B-2. iPhone のホームボタン押して指紋認証クリアして Wallet 起動 C. Wallet に表示されているカードを VISA にする D. リーダーに iPhone 上部を近づける E. 決済完了 で、「 Visa の Apple Pay 」って書いてますが、 実は Apple Pay と発音する場面は無いんですよね(^_^;) 私が、iPhone 12 mini に乗り換えて Apple Pay を使うようになって最初に???になったのがこれ。 ローソンは Apple Pay で。って言えば通りますが、 それ以外だとサービス名で言わないとなんですよね。 今回のキャンペーンも、VISA である必要が有るので、事前に「 VISA で 」と宣言が必要なんですよね。 この辺りもっと洗練されて欲しいんですよねぇ。 Walle

アイリスオーヤマ、水が流れて

真夏の期間だけアイスノン使ってます。 いつものインプレスに アイリスオーヤマ、水が流れて頭を冷やせる「快眠クールまくら」 という記事が。 首筋の血管冷やしたら、エアコンとか使わなくてもぐっすりですよねぇ。 冷却水(純水)を循環させて頭部を冷やすことで、寝苦しい夜も快適な睡眠をサポートするという製品。枕と枕カバーの間に入れて使用し、急な発熱などにも利用可能。 水道水とか入れて循環ポンプで液体を回すのかと思ったら、純水使うんですか。 という事は外とは隔離されてて、純水が循環なんですね。 氷枕などと異なり水の入れ替えは不要で、寝ている間もぬるくならずに使える。枕部分を通った水は、本体内にあるペルチェ素子で再び冷却。水はゆっくり循環するため、動作中の音も気にならないという。 そりゃ純水使ってるのから入れ替え無しになりますよね。 枕を通った純水は本体内のペルチェ素子で冷却して再び循環。 なるほど。温度管理はペルチェ素子使ってやるんですね。 温度制御をきちんとするから、冷えすぎってこともなくって事なんですね。 私は普段枕は使わないのですが、真夏の期間中のみアイスノンを使って寝てます。 タオルを二周ぐるって巻いて頭(首筋)を載せて寝ますが、 朝起きると首筋凄く冷たくなってる事もありますが、この辺りをきちんとコントロール出来るってことですね。 価格が 20,800 円とそれなりの製品ですが、 夜の寝苦しさから開放されるとなったら、このコストは掛けても良いのかな?って思いますねぇ。

Windows 11 Insider Preview が来た

Insider 向けは TPM2.0 無くても OK なんですね。 Windows 11 Insider Preview の配布が始まりました。 思えば、2015 年の最初期の Windows 10 Insider Preview の登録してからずっと Insider で試していますが、 このまま Windows 11 Insider は継続なんですね。 仮想環境下の Windows 10 Insider Preview を起動して、 Windows Update を確認。 当たり前のように Windows 11 Insider Preview 10.0.22000.51 が。 この Windows 10 環境は TPM2.0 とか DirectX 12 とか WDDM2 とかは無いもの。 特に TPM2.0 は OS インストール後に変更するのは出来ないので、 必須チェックはされていないって事なんでしょうね。 セットアップは今までの Windows 10 よりも少し早いような? おそらく UI が変わってるだけのような気もするので、 コア部分はそのままって感じなのかな?って思ったり。 斜めに見えてた起動時の Windows ロゴが、 まさに、田 の形で表示されて漢字圏は「田」かよ。って思いそうな(^_^;) 起動したのは、既に散々目にしたデスクトップ。 Insider で上書きした Windows 11 はあの青色の布みたいな壁紙は表示されないんですね。 背景黒、タスクバー、スタート(ピン留め)は茶色で透明感なしで表示されますね。 スタートボタン周りが中央というのは、アリエナイって思っているので、 さっさと設定変更。 設定 > 個人用設定 > タスクバー を選択して、 Taskbar alignment の項目を「左揃え」に。 まだ日本語ローカライズが終わっていないみたいで、 英語表記が散見されますが、 これは Insider Preview の最初だから仕方ないですね。 Windows 11 の立ち位置が分かるなぁって思ったのが、 winver コマンドを実行して表示されるバージョン表記。 Windows 10 は Insider Preview なのでバージョン Dev なのはそうなんですが、 Windows 11 は バージョン 21

VM だと Windows 11 仮想稼働環境はまだ無理ですね

DirectX 12 が NG ですね。 Windows 11 の Insider Preview が来る前に、どこをクリアできたら OK なのか。 を色々調べてました。 今回の公式発表の TPM 2.0 必須、DirectX12 必須、WDDM2 必須。 ここで積むよなぁって感じで。 私の主環境は VMWare Workstarion と VMWare Fusion もう、Fusion に関しては Intel Mac は TMP 2.0 チップ実装無いし、M1 は ARM 系だしって事で最初から除外。 そうなると、Windows マシン用の VMWare Workstarion での稼働。 VMWare Workstation 16 (16.1.2) で確認してみました。 仮想マシンを作る時の設定で、必ず踏まないといけない箇所を指定して設定。 オプション画面側で設定するのが二箇所。 アクセスコントロール設定で、暗号化設定してパスワードを入力。 詳細で、ファームウェアタイプを UEFI にしてセキュアブートを有効。 ハードウェア画面側で設定するのが一箇所。 Trusted Platform Module をありに。 これこそが TPM 2.0 の指定。 ここまで設定した上で、 MS からダウンロードした Windows 10 の ISO (Win10_21H1_Japanese_x64.iso) を使用して Windows 10 Pro を新規インストール。 インストールが終了後に、VMWare Tools をインストールして通常稼働状態に。 その上で、WhyNotWin11.exe を実行して何が OK で何が NG かを確認。 プロセッサが第 6 世代の Core i7-6700 なんですが、?判定ってダメなの?って感じなのですが、 それよりも、DirectX 12 が NG なのが根本ですね。 そして、 VMWare Workstation 16 発表時の記事 に記載されている内容を再度確認。 「DirectX 11」と「OpenGL 4.1」がサポートされる点にも注目したい。 (^_^;) DirectX は 12 ではなく 11 ですね。 そりゃ NG になりますね。 仮想化ソフトメーカーは対応に追われる感じですかね。 VM

花王、店頭の毛束色見本廃止でプラ削減

AR アプリの出来が凄そう。 マイナビニュースに 花王、店頭の毛束色見本廃止でプラ削減 - ARで髪色シミュレーション という記事が。 ヘアカラーって、店頭に置いているのはサンプルの毛束が各色有りますが、 あれってプラスチックだったんですね。 すべてのヘアカラー・ヘアマニキュア製品について、店頭での販促ツール「毛束色見本」の国内での提供を終了すると発表した。廃止は2021年10月以降を予定しており、その後はARメイクアプリで代替する。 確かにあの量だと、実際に髪に乗った時にどんな雰囲気かわからないので、 帯に短したすきに長しって感じでも有るのかなって思いますねぇ。 記事に載っている AR アプリを使用すると、 選択した商品ごとに髪の毛全体のカラーが変わって見れるので、 サンプルの毛束を見ながら実際の仕上がりを想像するって言うのと比較して、 凄く具体的に分かりますねぇ。 アプリはインカメラで利用者の顔を表示しながら、 髪色をどんどん変えれるので、新しい発見があるかもですね。 闇雲にレジ袋無料配布廃止有料化!っていうよりも、 廃止してもそれを補って余りあるメリットが有ると利用者は納得しますよねぇ。

Microsoft、Windows 11互換性チェック

普段は TPM2.0 なんて ON にしてない。 いつものインプレスに Microsoft、Windows 11互換性チェックプログラムを公開 という記事が。 予想通りに Windows 11 が発表されました。 Windows 10 でブランドは終わりじゃなかったの?ってツッコミは有りますが、 32bit の廃止とかを思ったら、リブランディングするっているのはわからない話でも無いかなぁと。 そして、早速互換性チェックプログラムが公開されました。 インストールして「今すぐチェック」を押すことで、Windows 11の最小要件を満たしているかを確認できる。 gwx.exe みたいな非難轟々だったものとは違い、 シンプルな構成で、当然のインターフェイスですね。 最低条件も発表に鳴っていますが、 1Ghz 以上で 2 コア以上 64 bit メモリ 4GB ストレージ 64GB DirectX 12 GPU 9 インチ 720p のモニタ UEFI TPM2.0 チップ CPU クロック やコア数、メモリ、ストレージ、モニタ、UEFI は最近のものなら問題ないと思いますが、 TPM2.0 必須なんですねぇ。 仮想環境課で Windows 10 Inside Preview をインストールしているのは、 TPM2.0 なんて設定していないのでたぶん NG だよなぁって感じですねぇ。 と思って、互換性チェックプログラムを実行してみました。 インストールした Windows 11互換性チェックプログラムを起動。 今すぐチェックのボタンをポチッとな。と押して表示されるのは。 当然ながらこの PC では Windows 11 を実行できません 表示。 Windows 10 の時にも仮想マシン設定で、 実行 OS が Windows 8.x になってるとアップグレード出来ない。って表示されたので、 ひょっとしたら、TPM2.0 を使用するにしても、 仮想マシン設定が Windows 11 にならないとアップグレードチェックが通過出来ないかもですね。

スティックのり「ピット」

口紅型って呼んでました。 いつものインプレスに スティックのり「ピット」、50周年で歴代パッケージの復刻版 という記事が。 最近はのりといえば、テープのりを使っていますのが、 その前は口紅型でしたねぇ。 のりのブランド「ピット/PiT」発売50周年を記念して、歴代のパッケージデザインを復刻させたスティックのり「ピット復刻デザイン ミニコレクションセット」と「シークレットピット」を、6月22日に発売した。 もう 50 年になるんですか。 そういう意味では定番として長い間支持されているんですね。 私は小学校位までの頃はのりといえばフエキのりに代表されるデンプンのりのものを使ってました。 中学に入ってから液状ののりが有ることを知、 り透明感の有るドロッとした液体の液状のりを使ってました。 そして高校に入った時に文房具屋さんでステックのりを発見(^_^;) 取り回しのやすさに一撃でハマりました。 ピット復刻デザインミニコレクションは 1970 ~ 1982 に発売されたピットのパッケージを復刻。 当時使っていた人は懐かしいって思い出しますかね。 シークレットピットは全 6 種類で展開。 記事では 5 種のデザインが公開されていますが、 シークレットは何が出るかのお楽しみですね。 ミニコレクションセットが 550 円(税込)で、 シークレットピットが 132 円(税込) ミニコレクションセットはそれだけで完結しますが、 シークレットピットは 6 種コンプリートを目指すとしたら、 それなりのコストは掛かりそうですね。

Visaのタッチ決済対応の

市民権得ないと、店員さんが「?!」ってなりますよね。 engadget 日本版に Visaのタッチ決済対応のスマートリングEVERING、将来は施設や家の鍵に という記事が。 先行予約も好評だった EVERING ですが、 現在は量産中って感じですかですね。 チャージはAmerican Express、Diners Club、JCB、Mastercard、Visaの5つのブランドのクレジットカードから行え、EVERING自体はプリペイド式Visaのタッチ決済という扱いになり、オートチャージにも対応する。 リング自体に、Visa タッチのマークが無いようですが、 これはこういった形状なので免除なんですかね?って思ったり。 オートチャージ対応でチャージ可能カードブランドが、 American Express、Diners Club、JCB、Mastercard、Visa の 5 ブランドに対応しているのって、 使う人の利便性が上がりますね。 Visa タッチ決済になるので、VISA のみかと思ったらそうじゃないんですね。 スマートリングとして充電は不要で、決済時には非接触対応リーダーからの起電力のみで動作する。最大5気圧の生活防水にも対応するため、日常生活を送る程度であればほぼ終日装着したままでの行動が可能。 これは強いですよね。 スマートウォッチとかだと電源の心配が有りますが、 非接触リーダーからの起電力のみで稼働できるって事なら、 少なくとも電池切れで使えないって事は無いですからね。 そして最大のハードルが、「指輪型で VISA タッチ決済が出来る」という点。 現状でスマートフォンをかざすとか、タッチ決済可能クレジットカードをかざすのは、 見慣れた光景ですが、 「非接触リーダーへ手をかざす」というのを見て、 店員さんが「?!」ってなりそうなんですが。

ペイディ、Apple専用のあと払い

オリコだけじゃなくて Paiday も いつものインプレスに ペイディ、Apple専用のあと払いプランを開始 という記事が。 Apple 製品を購入する時に、12 回までならとか 24 回までなら手数料 0% って表示が出ますが、 オリコカードが専属って感じでした。 ペイディを使って、Apple製品を分割手数料0%(口座振替・銀行振込のみ)で購入できるようになる。 Paidy を利用しても手数料 0% で Apple 製品を購入できるサービスを始めるそうで。 オリコカードだけじゃなく選択肢が広がることで、 購入するユーザーが増えるのが期待出来ますかね。 製品に応じて1、3、6、12、24回払いが選択できる。プラン開始時に利用可能なプランは、3回払いと24回払い。 さすがに Apple Watch とかで 24 回払いとかは出来ないですが、 オプション組み合わせて超高価になってしまった Mac とかを購入するのには心強い味方ですかね。 ただ、最初は 3 回か 24 回かの二択になるんですね。 このあたりはオリコほどの柔軟性は無いって事ですかね。 購入時の承認確定がオリコは電話連絡でやり取りが必ず有りますが、 Paidy はアプリで申込するってことなので、ひょっとしたらアプリ完結型なのかも? そうなると、アプリで申込後承認って事になれば承認確定までの時間が早くなりそうですかね。

ファミマ、PB天然水を

最近 100% リサイクル多くなりましたね。 いつものインプレスに ファミマ、PB天然水を100%リサイクルペットボトルへ という記事が。 一足早く、生茶が 100% リサイクルボトルになってました。 プライベートブランド「ファミリーマートコレクション」で販売している天然水「津南」と「霧島」(各100円・600ml)の容器を、使用済みペットボトルからリサイクルした再生PET樹脂を100%使用した、リサイクルペットボトル(ボトルtoボトル)に変更する。 公式には、変更する。ってなってますが、今日買ってきた津南の水は、 既に 100% リサイクルボトルになってました。 以前からペットボトルリサイクルしてまたペットボトルにしたら良いのに?って思ってましたが、 昔は衛生上出来ないみたいな事を聞いたことが有りましたが、 技術の進歩ですかね? これ、コスト面はどうなんでしょうね。 再生紙とかって、バージンパルプから新しい紙を作ったほうがコストが掛から無いという事実が有りますが、 ペットボトルリサイクルもコストが増えてしまうのであれば、 長続きしない可能性も有るなぁって気もしてしまいます。 環境問題への対策としては、40周年プロジェクトのほかに中長期目標として、2020年2月に「ファミマecoビジョン2050」を策定。「温室効果ガス」の削減、「プラスチック対策」、「食品ロスの削減」について数値目標を設定して取り組みを進めている。 目標数値定めて、そこに向かって行くのは取り組みとしては良いのですが、 実現可能な値で進めてほしいですね。 出来ない目標値を掲げて、やっぱ出来ませんでした。 だと意味ないですからねぇ。

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』BD/DVD売上

劇場公開も凄かったですが円盤の売上も凄いですね。 Phile Web に 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』BD/DVD売上、発売3日で100万枚突破 という記事が。 私も昨年予備知識ゼロで觀ましたが良かったです。 『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』Blu-rayとDVDの累積売上枚数が発売3日間で100万枚を突破した。 たった 3 日の売上で 100 万枚って、今の世の中でこの売上は驚異的ですねぇ。 円盤発売が決まった時に予約サイトとかダウンしたり、 劇場公開時の凄さをそのまま見せつけてましたが、 実際の売上も凄いですね。 発売 3 日の詳細なデータが出てますが、 BD 限定版 6/15 268,490 6/16 30,007 6/17 12,549 DVD 限定 6/15 115,499 6/16 20,751 6/17 8,609 BD 通常 6/15 201,895 6/16 50,881 6/17 33,609 DVD通常 6/15 218,195 6/16 71,507 6/17 42,178 流石に DVD 通常版が一番売れてますが、 こと限定版に限って見たら BD 版の方が売れてるんですね。 まぁ、限定版買う層は BD になりますかね。 3 日で 100 万突破。 この先どれ位伸びるんだろうかって期待ですね。

民放AMラジオ44局が“FM化”へ。

あと 7 年以内って事ですね。 いつものインプレスに 民放AMラジオ44局が“FM化”へ。2028年秋までに転換目指す という記事が。 AM を止めたがってた AM 局が FM へ転換する事を決定ですね。 TBSラジオ、ニッポン放送、文化放送ら在京3社を含む44のラジオ局は、2028年秋をめどにFM局への転換を目指すと発表した。 ワイド FM を始めた時に難聴地域の補完という名目でしたが、 すぐに AM 設備の老朽化で機器更新は難しいという逃げ口上を言い始めてましたが、 結局 2028 年秋までに AM を止めて FM へ転換って事なんですね。 AM は音、FM は光の特性に似た電波特性と言われるることが有りますが、 超遠距離が叶う AM だけどノイズに弱かったり、 短距離しか飛ばない FM だけどクリアに聞けたりと、 一長一短な面も有ったり。 ただ、災害時に AM は強みを発揮することが多いので、 FM のみになるのは大丈夫なの?って気もしますが。 会見では、'23年からAMを停波して地域や聴取者への影響を測る実験を始める局が出ることなどが発表されたほか、TBSラジオなどは「早ければ2028年秋にAMを停波し、FMへの一本化を目指す」との考えが明らかにされた。 おそらくですが、止めることに対しては予定よりも早く進むんじゃないかと。 TBS ラジオが 2028 年秋とかって言ってますが、今から 5 年後の 2026 年位に準備が整ったので。 みたいな感じで止めてしまいそうな気がするのですが。 今回の発表に賛同しなかったのは、 北海道放送(HBC)、STV ラジオ、ABS 秋田放送 の 3 局のみなのですが、しっかりと経営判断と公共のものというものを思慮して欲しいですねぇ。 FM って言ってますが、音質なら radiko の方が空気中の影響を受けないのでクリアなのですが。

ステップワゴンはどうなる?ホンダの

プレリュード(BA8) は狭山工場製だったなぁ。 マイナビニュースに ステップワゴンはどうなる?ホンダのビッグネーム、オデッセイ、レジェンドが2021年内に生産終了 という記事が。 レジェンド、オデッセイ、クラリティが生産終了だそうで。 埼玉製作所狭山完成車工場での車両生産を2021年度を目処に終了すると発表しているが、これに伴い、オデッセイ、レジェンドを2021年内に、クラリティ(PHEV/フューエルセル)を2021年8月に生産終了することを明らかにした。 別工場へ生産移管という事ではなく、生産完了なんですね。 記事後半にありますが、マイナー直後という事のようですが、 切る時には無慈悲に切る事が多いので、ある意味仕方ないような気も。 マイナー後のフロントマスクでやる気無いよね?って思ったレジェンド。 エリシオンと合体してヒンジドアを捨てたオデッセイ。 元々燃料電池電気自動車であった FCX クラリティから PHEV になったクラリティ。 国内投入価格とニーズが見合わないのは、販売台数に如実に現れてるようにも思ったりしますね。 レジェンドは1985年、オデッセイは1994年に登場。ホンダを代表するビッグネームである。こうした知名度が高く、長い歴史を持つモデルが現在、岐路に立たされている。 もっと以前に、ホンダの屋台骨で有ったシビックを一度殺しましたが。 それに、消えた車種は多いですよ。 特にスポーツやスペシャリティとかはほぼ絶滅してますよね。 S2000 / インテグラ / プレリュード / CR-X / インスパイア とか。 一時期ミニバンメーカーと揶揄され、最近は軽自動車メーカーと揶揄されてますが、 果たしてこの先は大幅な電動車への舵切りなんですかね。 ただ、電動車ってトータルの環境負担が現在の化石燃料車よりも大きいって事なのですが、 果たして本当に進む未来なのかな?って気もするのですが。

「Windows 11」とされる

10X の UI を使って 11 とするって事ですか。 engadget 日本版に 「Windows 11」とされる画像や動画の流出相次ぐ。開発中止の10Xにも似たUI という記事が。 どうやら、Windows 11 の ISO が流出してるみたいですね。 「Windows 11」と称される画面写真は複数の情報筋から届けられており 今日になって同時多発的に Windows 11 の画面写真っていうのが出回るようになってて、 24 日の発表まで後一週間ってタイミングを思ったら、 意図的に?って穿った見方をしてしまいますが(^_^;) で、タスクバーとスタートボタン(Windows ロゴボタン)を中央配置って、 どこまで MacOS に似せたいのかって思ったり。 まあ、これ、10X とかの 2 画面デバイスでの操作性を考えて中央に配置なのを、 そのまま「デスクトップ向け」の OS に入れたって事じゃないのかな? 8 の時にユーザがほぼ全てのデスクトップよりも、 ほぼ存在しないタブレットデバイス向けに特化した UI を載せてきて、 「新しい、これからの時代はこれが使いやすい」 と煽ったものの総スカンで、8.1 / 10 で方向性を軌道修正したのに、 11 でも 10X が「目新しい」という事で強引にシェルを変えたように思えるんですけどねぇ。 別の所のリーク画像では、 設定でスタートボタン(Windows ロゴボタン)が左に寄り、 ほぼ今まで通りの動きをしているのが見て取れたので、 今まで通りの利用も継続可能に見えますね。 まぁ、OpenShell (旧名 Classic Shell) が対応したら、 クラシック表示で使うので特に問題は無いのですが。 ああ、ライブタイルは無くなってるようで、 8 で導入した UI 系のものはほぼ削除って感じかな? (市場は 8 の方向性を全く受け入れなかった証明のように思ったりします) WIndows 10 21H1 がそのまま 11 になるのかな?って思ってましたが、 21H1 はそのまま配信されて来たので、別のものなんですね。 来週発表になりますが、 8.1 / 10 からのアップグレードパスとか、サポート期間とか、 10 で終わりって言ってたけど変更したのは何故か。とか。 きちんと説明して欲しいですねぇ。

プロファイル更新で正しい表示に

iOS 14.6 でプロファイル更新も来ました。 iOS 14.6 へアップして数日。 UQ のプロファイル更新の通知が表示されていました。 悩むことも無くプロファイル更新。 昨年にシムフリー版 iPhone 12 mini を買い、 UQ モバイルの店頭に持ち込み NMP で移動した時に、 UQ のプロファイルをインストールしましたが、 その時以来かな?って感じでした。 インストール終わっても特に変わってない?って思ってましたが、 オペレータ表示が変わってました。 今までは au 4G と表示されていたのですが、 プロファイル更新した後は UQ mobile 4G の表示に。 これが正しい姿ですね。

Microsoftは2025年までに

結局 10 で目指したモデルは破綻したってことですかね? gigazine に Microsoftは2025年までにWindows 10のサポートを終了する予定 という記事が。 元々、Windows 10 の初期版発表の時に、 メインストリーム 2020/10/13 延長サポート 2025/10/14 って決まってはいました。 ただし、次のバージョンが出たらサポート期間が 18 ヶ月となる。 という後出しジャンケンが付いてましたが。 今回でWindows 10のライフサイクルが見直され、Windows 10のサポート終了日が、本来の延長サポート終了日である2025年10月14日となりました。 メインストリームとか延長サポートとかじゃなくて、 段階を経ずに 2025/10/14 で終わりって事なんですね。 でこれ、Windows 10 はサポート期間が無茶苦茶になっているので、 スパッと切るのは分かるのですが、本文中で Windows Server に触れてますよね。 これは、今まで通りのメインストリーム/延長サポートを堅持してもらわないと、 危うすぎて使えないんですが。 Windows 10のサポート終了日が改めて発表されたのは、Windows 11が登場するためと考えられます。 いや、それ逆でしょ。 次のバージョンがしっかり発表され、 デスクトップ/サーバ各版のサポートモデルをきちんと明示して、 それから現行の Windows 10 / Windows Serve のサポートがどこまでされるのか。 少なくとも Windows 10 って名前のデスクトップ OS は何種類も有るんですから、 それぞれ丁寧に説明する義務は有ると思いますけどね。 匂わせ Windows 11 が 10 とは違うライフサポート期間で出てきたら、 また混乱しそうな気がするんでけどね。

Microsoftの“次世代Windows”は

10 で打ち止めじゃないの? ITMedia に Microsoftの“次世代Windows”はやっぱり「Windows 11」? という記事が。 2015 年に発表になった時には、Windows 10 でずっと行くって言ってました。 通例なら、3 ~ 4 年もしたら次のメジャーバージョンアップを行っていましたが、 2015 年から既に 6 年目に入っている状態ですね。 Build 2021 の告知サイトの窓の影がいつもなら田型の影のハズなのに、何故か 11 に見える。 Build 2021 が 6/24 AM 11 (現地時間)に開始 歴代 Windows 起動音を超スローにして 11 分間の動画にして公開 動画公開日が 2021/6/11 動画長さが 11 分 匂わせてますねぇ(^_^;) これ、Windows 11 にしたいんだけどどうかな?って観測気球上げてるようにも。 もし否定的意見が沢山出たら、 「何言ってるんですか、 Windows 10 21H1 ですよ」ってシレっと言いそうだなぁ(^_^;) Windows 10 って 1705 とか 2004 とかのバージョンを別で持っているので、 いっそのこと 10 を取ってしまって、 Windows Version 2004 とかで良いのにって思ってましたが、 昨年秋からの 20H2 とか 今回の 21H1 とかだと、 Windows Version 21H1 じゃぁ締まらないですねぇ。 となると、10 の次だから 11 って事なんでしょうけど、 それならサーバ OS と合わせろよ。って思うんですよねぇ。 WS12 / WS16 / WS19 とかって進んでて、次は WS22 が予想されているのであれば、 サーバは Windows Server 2022 クライアントは Windows 2022 とかって合わせれば良いじゃない。 って思うんですけどねぇ。

ベルキンが「貼る」

Lightning 端子を使わないという割り切り。 engadget 日本版に ベルキンが「貼る」モバイルバッテリーを25日発売、iPhone 12のMagsafe対応 という記事が。 Magsafe 対応製品は外部電源を変換供給という方法でしたが。 「BOOST↑CHARGE™ MagSafe 対応 磁気ワイヤレスモバイルバッテリー 2500mAh」は、Magsafeの磁力でiPhone 12シリーズの背面に貼り付き、ワイヤレスで充電できるモバイルバッテリーです。 モバイルバッテリーだけど、接続は MagSafe を持つもの対応。 すなわち、現在は iPhone 12 シリーズのみ。 iPhone の場合モバイルバッテリーとの接続は、 Lightning と USB の接続というのが一般的ですが、 この製品は、入力に USB-C 端子はあるものの外部出力は MagSafe のみ。 完全専用機ですよねぇ。 容量が 2500mAh とそんなに大きくないですが、 緊急時には iPhone 12 シリーズの背面に貼り付けるだけで充電ができるのは、 ケーブルが~!って言わなくて良いので安心ですね。 カラバリが白と黒。 価格が 4,378 円(税込) iPhone 12 シリーズユーザーは一つ持ってても良いかもですね。

耳をふさがない完全ワイヤレス

カナル型は苦手なのでこれ良いですね。 Phile Web に 耳をふさがない完全ワイヤレスイヤホンambie「TW-01」、今夏発売 という記事が。 完全ワイヤレスのイヤホンは当たり前になりましたが、 私はカナル型がきちんと耳の中に装着出来ないので苦手なんですよね。 イヤーカフのように装着することで、耳をふさがず、“ながら聴き” できるイヤホンを展開するambie。完全ワイヤレスイヤホンでも同様に、イヤーカフ型のデザインを採用した。 イヤーカフ型でスピーカー部が耳の入口の近くにあり、自然音と一緒に音が耳に入ってくるんですね。 イヤホンを耳に入れないので耳の負担も減りますね。 質量は片耳約4.2g。Bluetoothは5.2、コーデックはSBCとAACをサポート、さらに別コーデックへの追加対応を予定しているという。 Bluetooth の標準コーデックの SBS は当然としても、 AAC だけだと押しが弱いんですかね。 追加コーデックは ALAC / aptX 辺りが搭載されると話題になりそうですが。 価格が 15,000(税込) で、今日から先行予約受付開始。 完全ワイヤレスのイヤホンなら割とリーズナブルな価格設定じゃないのかなって思いますねぇ。

iOS 14.6 が来た

15 まではまだ期間がありますからねぇ。 設定画面にソフトウェア・アップデートするよ。ってメッセージが。 iOS 14.6 が提供されているのはわかっていて、 不具合大丈夫かな?って感じで特に何もしていなかったのですが、 昨晩のうちにダウンロードまで終わってようです。 詳細を確認すると。 iOS 14.6 ダウンロード済。 あとは適用だけですねぇ。 説明が全部英語で書いてますが、ここ英語でしたっけ? 読める所見ると、iPhone のアンロックを Apple Watch で出来るようにとか、 AirTag 対応とか、絵文字の対応とかですかね。 まぁ、それ以外にもセキュリティ対応とか有るのでアップデートしないとですね。 iPad OS の方は一足はやくアップデートして特に問題ないので、 大丈夫なんだと思いますが、こちらは電話の機能もあるので、 ちょっと慎重だったりします。

ルンバ、2週間1980円の

この価格ならためしてみても?って思いますね。 いつものインプレスに ルンバ、2週間1980円のおためしサービス という記事が。 ルンバがサブスクで使えるサービスは前から有りましたが、 今回全て 1,980 円化ですね。 掃除ロボットのサブスクリプションサービス「ロボットスマートプラン+」を改訂し、おためし2週間コースを全モデルで一律1,980円としたほか、最上位モデル「ルンバs9+」を月額コースのラインナップに加える。 機種によって価格が違っていたので、お試しするのはどうだろう?って感じでした、 一律同じ価格って事なら、あれこれ試してみたいって気になりますよね。 これまで、「おためし2週間コース」から月額定額の「あんしん継続コース」へ契約切り替えをする場合、一度ロボットを返却する必要があったが、「手間がかかる」「せっかくルンバが部屋の間取りを記憶したのに不便」という声が多かったという。そこで、契約切り替え時にロボットの返却を不要とし、よりスムーズに利用できるようにした。 確かにルンバのウリは部屋のレイアウトの学習で効率よく掃除をするって事ですから、 サブスク切り替えで、同型では有るが別個体だと再学習が必要になるので、 それならお試しで使っているものを継続した方が良いですね。 ただし、お試し期間中は一律金額ですが、 実際のサブスクリプション利用中は、機種により月額金額が異なるので、 その点は良く考えて利用しないとですね。 金額的に、ルンバ i3 辺りがボリュームゾーンなのかな?って気もしますねぇ。

UQモバイル、くりこしプラン 5G を

利用料同じで、5G 対応ですね。 engadget 日本版に UQモバイル、くりこしプラン 5G を2021年夏開始 3GBが1628円 という記事が。 昨年から大手キャリアも一気に低価格プラン導入で激動の携帯電話ですが、 サブブランドで 5G がまだだった UQ の 5G 展開が発表に。 4Gのくりこしプランと同じ料金設定で、5Gにも対応するというもの。月間データ容量と月額料金は、3GBが1628円、15GBが2728円、25GBが3828円(全て税込み、以下同)となっています。 現状のくりこしプランと全く同じで、4G LTE のみではなく 5G まで対応って事ですね。 私がスマホプランRを契約していて、WiMAX 割引 500 円されていて、 現在のくりこしプラン M と同価なので特にプラン変更しませんでしたが、 5G 対応という事ならプラン変更ですかねぇ。 とは言え私の利用範囲で 5G なんて提供外なのでまだ意味がないのですが、 なんちゃって 5G の整備が進むと、 最近 4G LTE の穴が多いんだよなぁって思うようになるのはイヤかなと(^_^;) 以前から予告されていた通り、夏からという事ですが、 「夏」って表現ならやっぱり 7 月ですかねぇ?

Microsoft、次期「Windows 10」に関する

余計な事はしなくて良いです。 いつものインプレスに Microsoft、次期「Windows 10」に関するオンラインイベントを開催へ ~過去10年で最も重要なアップデート という記事が。 以前のタイムスケジュールなら、 現行 OS が発売になって 6 年経過しているのに新しいブランドにならないなんて事は無かったんですが。 イベントの内容は、今秋のリリースが予定されている「Windows 10」の次期機能アップデート(従来の命名規則に則るなら「バージョン 21H2」)についてのようだ。 2015 年に Windows は 10 のまま変わらないって事で、 2021 年も Windows 10 って名前の Windows まぁ、年 2 回のアップデートを重ねていて、 初期版からは結構変わってたりもしますが、 それ以上に不具合が酷いバージョンも有り、 アップデートは歓迎されてなかったりもしますが。 「間もなく過去10年でもっとも重要なWindowsのアップデートのひとつを発表する」 アイコンが正面向くとかが重要ですかね? おそらく廃棄プロジェクトの Windows 10X のエッセンスが含まれたり、 ユーザーインターフェース変更したりと、 開発者側の思い付きと自己満足なものが実装されるって事になりそうだなあと。 コントロールパネルと設定という、設定する場所が 2 箇所に分離して久しいですが、 使い勝手は悪く、意味不明な機能を足したり消したり。 (最近だと右下にニュースとかを出せるとか。) 少なくとも、現状カーネルとシェルは分離して稼働しているのであれば、 昔のシェルっていうのも用意してユーザーに選ばせて見る。 っていう試みが有っても良さそうな気もしますけどね。 まぁ、ユーザーの方を向いてないからそんな事いってもダメなんでしょうけどね。 あ。大規模アップデートって事はバージョンアップ後不具合満載で、 アップデートは控えるように。って通達を出さないといけないような気がしてしまうのですが。

タイトーEGRET IIミニ発表

特殊コントローラーと拡張想定の仕様は凄いですね。 engadget 日本版に タイトーEGRET IIミニ発表。アーケード40作内蔵で画面回転対応。トラックボール・パドルコントローラも という記事が。 ミニハードが色々出てますが、今回はタイトーが発表ですね。 製品ジャンルは「卓上ゲームセンター」。つまりSNKのネオジオミニ、セガのアストロシティミニにあたるタイトー版です。 家庭用ゲーム機のミニ機とは違い、 アーケードミニ機なので筐体をミニ化する形状は見慣れましたね。 先人のハードが何種類か出ているので、タイトーのものは手が込んてますね。 5インチの4:3ディスプレイを搭載すること。しかもアーケードゲームの忠実な再現には欠かせない、縦画面・横画面の切り替えに対応します。SDカードスロットを備え、公式でゲームを追加できるのも特徴。 アーケードは横画面だけではなくて縦画面も当たり前に有るので、 内蔵ソフトに合わせてモニタも回転仕様ですね。 しかも、公式にゲームを追加出来るように SD カードスロットまで搭載。 今までのミニハードは内蔵 ROM に搭載されているもののみで、 あとからソフトの追加はできませんでしたが EGRET II mini はゲーム追加前提の仕様。 これまでのミニハードとは異なるコンセプトって感じがしますね。 さらに外付けの専用パドル・トラックボール コントローラまで用意されており、アルカノイド・キャメルトライ・サイバリオンといった専用コントローラで遊びたいゲーム拡張セットまで用意されています。 そうそう。これ。 アルカノイド・キャメルトライはダイヤル式のパドルでプレイするのが制式(^_^;) サイバリオンはトラックボールでプレイするのが制式(^_^;) それに応えるべき専用のコントローラーまで用意するのは、 企画考えた人はタイトー愛が凄いなと思いますねぇ。 記事にはソフトリストに縦横の区別が書いてありますが 縦って初期に多いって感じですね。 これはアップライト筐体が基本だったからかな? 本体は縦横切替で良いと思うのですが、 公式の説明画面 見ると外部出力 HDMI 端子が有るんですが、 外部モニタ出力時の縦画面ってやっぱり両サイド黒帯で実現なんですかね? 追加の SD カードに載るソフト。 もし、タイトーのみじゃなくて、パドル

2021年1Qの音楽配信売上

もう、ストリーミングが主戦場って感じですね。 Phile Web に 2021年1Qの音楽配信売上、前年同期比113%で成長。ストリーミングが続伸 という記事が。 確かに、CD 買わなくなってるし、ダウンロード販売も買わなくなってるしって意識は有りますね。 ストリーミングが前年同期比127%の170億5,200万円と伸びた一方、ダウンロードは前年同期比77%の38億3,500万円に。 まさに明暗分かれるって感じですねぇ。 ストリーミングが 127% で ダウンロードが 77% ほぼダウンロードで減った分がストリーミングへ移行している量ですね。 記事にそれぞれの表が載っていますが、 ダウンロードは全て前年同期比からマイナスになっているのに対して、 ストリーミングは全て前年同期比からプラスになっている。 ここまで鮮明になっていると、FY で見るともっと差が広がっているんじゃないかと。 まさに今、ダウンロードからストリーミングへユーザーがどんどんと移っている最中じゃないかと思いますねぇ。 来年以降、え?まだダウンロードなの?って感じになるのかもですねぇ。

「Firefox 89」を試す

複数のタブが有ると、アクティブタブが目立ちますね。 マイナビニュースに 「Firefox 89」を試す - 新デザイン「Proton」へ刷新、シンプルな使いやすさ という記事が。 提供が開始された Firefox 89 私も早速バージョンアップされましたが、シンプルになりましたね。 記事にもありますが、アップデートされたあとに表示されるスプラッシュ画面に、 「新しい firefox をどうぞよろしく」って表示されてて、 こちらこそ。って思ってしまいました。 新機能であるが、今回のリリースでは、新デザインの「Proton」が採用された。 フラット志向ではなくて、必要なら写実的で立体感あるデザインになっていて、 ユーザーを迷わせないって事ならこっちが進む道だよなぁって思いました。 タブデザインも変更となった。アクティブなタブの丸みを帯びたデザインとなった。これにより、カレントタブがよりわかりやすくなった。また、タブにオーディオインジケータが表示されるようになり、再生中のタブがわかりやすくなった。 アクティブタブだけフチが丸みを帯びた形状で表示され、 その他のタブはタブを囲む線などが無くなるので、 アクティブタブが凄く目立って見え、しかも見落とすことは減るかなって思いますねぇ。 このようにちょっとしたことが、変更になっている。Firefox 89では、デザインが統一され、より軽いアイコン、洗練されたカラーパレットなどにより、新たなブラウザ感は大きい。 確かに新しくなった感は有りますね。 それでも、デザインの連続性はよく考えているんだと思うので、 別のブラウザになった感は受けないんですよね。 この辺りはデザイナのセンスなのかな。って思います。 現状では、Chrome が昔の IE みたいに寡占状態になっていますが、 もっと群雄割拠って感じでブラウザシェアとかが競われると、 各ブラウザ性能が磨かれるのにな。って思うのですが、 こういった物は、一強他弱になるのは仕方ないんですかねぇ。

「d払い」に障害が発生

お昼の支払いで、コード表示出来ませんでした。 ITMedia に 「d払い」に障害が発生 コード決済などが利用しづらい状況に という記事が。 今日のお昼を食べて、さて支払いは d 払いと。と思ってアプリを起動したら、 通常なら画面上部に表示されるバーコードが表示されない状態に。 6月1日12時4分頃から、NTTドコモのスマートフォン決済サービス「d払い」に障害が発生している。d払いアプリにおいてバーコードやQRコードを表示できない状況で、店頭での決済に支障が生じている状況だ。 はい。まさにこれです。 記事の写真のように、バーコードじゃなくて日本語が表示され、 d ポイントのポイント数も表示されず。 なんだコレ?って感じで。 まぁお財布はいつも持っているので、 とっさに現金を出して支払いしましたが、システムダウンしてる時には、 やっぱり現金だよなぁって思いました。 同社によると、利用できないサービスは以下の通り。システムの不具合が原因とのことだが、復旧のめどは立っていない。 これ、昼の混雑時を過ぎたら復旧するんだと思ってましたが、 復旧のメドが立って無いって事は、 明日も d 払いは使えないかも?って感じですねぇ。 d 払いの決済は d カードプリペイドのクレジットカード支払いにして、 d 払いアプリへはチャージしていないので、 復旧までは、同じ原資である iD で決済するようにしようと思います。 まぁ、やっぱり非常時は現金強いなって思ったのが素直な感想だったりもします。